インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

お腹が出てて痩せて見えない!イヤなポッコリ体型を解消するには?

  • お腹
  • セルフケア
お腹が出てて痩せて見えない!イヤなポッコリ体型を解消するには?

パルトネール青山本店、副店長飯塚です。

「全体的にはほっそり見えるのにお腹は出てる!」というのは、加齢とともに増えてくる体型の悩みのひとつでもあります。ポッコリとお腹が出てるスタイルは年齢を感じさせるもので「なんとかしたい!」という方も多いのではないでしょうか。

今日は、スリムな若々しいお腹を取り戻す方法について紹介したいと思います。

痩せてるのにお腹が出てしまう理由とは

全体的にはスリムなのに、ポッコリとお腹だけが目立っている女性というのは意外と多いものです。実はこれは内臓脂肪が溜まっていることが原因になっています。

内臓脂肪はどんな人でもある程度はあるのが当たり前です。しかし、何らかの理由で内臓脂肪が極端に溜まってしまうとポッコリ体型になってしまいます。

「家族と同じように食事をしているのに、なぜか自分だけお腹が出てる」という声もよく聞きます。これも、痩せてるのにお腹が出ている人の特徴のひとつです。つまり、本来ならば付かないはずの内蔵脂肪が、何らかの理由で体に溜め込みやすい状態に陥ってしまっています。

お腹を凹ませる食事内容とは

内臓脂肪は糖質、脂質などを摂りすぎて、余ったエネルギーが内蔵に脂肪としてこびりついたものです。女性は若い頃は皮下脂肪の方がつきやすいものですが、年齢とともに内臓脂肪を蓄えやすくなります。若い時と同じように甘いものを食べていては、内臓脂肪はどんどん貯まる一方です。とくに寝る前にスイーツを食べるような生活は改めましょう。

また、内臓脂肪を燃焼させるにはGI値の低い食品がより効果的です。

GI値とは血糖値の上がり方を示す値で、低いほど食後の血糖値がゆるやかに上昇します。低GI食品を取り入れるには、主食として白米よりも玄米、うどんよりも蕎麦を選ぶようにしましょう。野菜を最初にするなど、食べる順番に気を配ることで食後の血糖値の上昇をゆるやかにしてみるのもおすすめです。

内蔵脂肪を燃焼させる運動とは

ポッコリお腹を凹ませるには、毎日の生活の中に適度な運動を取り入れることも大事です。まずはゆっくりとしたテンポで、ほどよい負荷を感じながら息を吐きつつ筋肉を収縮させるような筋トレをしましょう。たとえば、スクワットならばしゃがむ時に息を吐きながらゆっくりと行うようにすることがポイントです。

このようにして、体内の糖質が枯渇している状態を作り出し、体が脂肪を燃焼させてエネルギーを作ろうとする下地を作りましょう。脂肪を燃焼させるには有酸素運動が欠かせません。有酸素運動としてはジョギングやウォーキングがおすすめです。

しかし、ダイエットのために有酸素運動をする際には心拍数に注意しなければいけません。心拍数を上げすぎてしまうと筋肉の分解を促進してしまうのです。筋肉が減ることで基礎代謝が低下し、痩せにくい体になっては元も子もありません。

内臓脂肪を落とす有酸素運動をするには心拍数は100~110程度をキープすることが良いといわれています。早歩きのウォーキングなどがピッタリでしょう。最近は心拍数を感知するスマホアプリなどもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

以上のように痩せているのにお腹だけ出ている体型を改善するには食事、筋トレ、有酸素運動を工夫してみると良いでしょう。

しかし、痩せている人がお腹の脂肪だけ落とそうとするのはなかなか難しいものがあります。ひとつ間違えるとお腹以外ばかりが痩せてしまい、貧相なスタイルになってしまうこともあるのです。できればプロのエステテシャンのアドバイスのもとにダイエットをすることをおすすめします。

当店ではスリムな方の気になるポッコリお腹へアプローチする方法もいくつか用意していますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

Page Top

体験プラン