インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

お腹の冷えがくびれをなくす!?手軽にお腹を温める方法とは

  • 冷え
  • 腰・ウエスト
お腹の冷えがくびれをなくす!?手軽にお腹を温める方法とは

くびれたウエストは女性の憧れです。しかし、多くの女性がなかなかくびれず、悩んでいると思います。

こんにちは、広報担当の元井です。

なぜ、太いわけではないのに、ウエストがキュッと引き締まらないのでしょうか。当店専属エステティシャンによると、くびれない原因の1つにお腹の冷えにあることがわかりました。

広報担当

痩せたのにウエストのくびれがなかなかできません。なにが問題なのでしょうか?

エステティシャン

もし全体的に太り気味だったら別ですが、体型自体がスリムなのにくびれがない場合、お腹周りの冷えが原因かもしれません。

広報担当

どうして冷えるとくびれがなくなるのでしょう?

エステティシャン

たとえば、お腹や腰を出すファッションや薄着は、身体が冷えていると感じなくとも意外とお腹を冷やしているんです。お腹が冷えると血の巡りが悪くなり、お腹周りの筋肉も冷えて固くなってしまい、お腹周りの代謝が悪くなっていきます。

この代謝が悪い状態が続くとお腹周りに脂肪が蓄積され、いつのまにかくびれがなくなってしまいます。

広報担当

自分でチェックする方法はありますか?

エステティシャン

お腹周りを触って固いと感じませんか?もし、触ったときに固いと感じるようなら要注意です。また、自覚がない人でも隠れ冷え症のような人がいるのでチェックしましょう。

たとえば、ストレスを溜めやすい、寝不足ぎみ、朝食や夕食を抜いてしまう、運動不足、脂っこい食事が好きなど、身体を冷やす生活習慣の原因は少なくありません。1つでも当てはまるものがあれば見直してみましょう。

広報担当

お腹が冷えないようにするポイントはありますか?

エステティシャン

まずは腹巻きをしましょう。見た目は悪いかもしれませんが、これからの季節なら目立たないはずです。お腹を温めることでさまざまなメリットがあります。

まずは、脂肪燃焼を促進する効果が期待できます。身体を温め体温を保つ事が代謝を上げる事なので当然かもしれません。

さらに、身体が温まると血流がよくなるので、全身に栄養が行き渡ります。老廃物の排泄を促し、お腹周りにセルライトができにくくしていきます。内臓も温まるのでお通じもよくなり、お肌の美容にもよいでしょう。

広報担当

腹巻きだけでメリット十分ですね。他にできることはありますか?

エステティシャン

日常生活の中でできることは食べ物や飲み物を変えることでしょう。なるべく身体を冷やさないものを選ぶようにしてください。

たとえば、飲み物一つとってもコーヒーや緑茶は身体を冷やす作用があります。紅茶やウーロン茶、ココア、しょうが湯などを選びましょう。食べ物なら、ニンジン、玉ねぎ、ごぼう、赤唐辛子などがおすすめです。

広報担当

ほかにお腹の冷えを防ぐ方法はありますか?

エステティシャン

日常生活でできることに腹式呼吸があります。座ったままでもできて、身体を温められるのでおすすめです。以前、当サイトでもご紹介しましたが、普通の腹式呼吸だけでなく、逆腹式呼吸という方法もあります。

広報担当

逆腹式呼吸とは何でしょうか?

エステティシャン

普通の腹式呼吸では息を吸ったときにお腹が膨らみます。しかし、逆腹式呼吸では息を吸った時にお腹もへこむのです。お腹をへこませるため、腹筋周りのインナーマッスルを鍛える効果が見込めるでしょう。

広報担当

逆腹式呼吸って変わった方法のように感じますね。

エステティシャン

気功の鍛錬でも使われる呼吸法です。空気を十分に取り込んで、身体の中から老廃物を排出するため、肺の換気能力もアップします。新鮮な空気を常に取り込めるようになるので、腹式呼吸と一緒に逆腹式呼吸を試してみてください。


なるほど、参考になりました。

お腹のくびれを作るためには身体を温めることが大切のようです。腹巻きをしたり食べ物に気を配ったり、あるいは腹式呼吸や逆腹式呼吸を試し、身体が温まりやすい状態を保つ事を取り入れてみますね。

体重はそんなに増えていないのに、お腹のくびれができないと気になる人はぜひ試してみてください。

関連記事

Page Top

体験プラン