インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

お風呂の入り方ひとつで痩せやすい体になる?

  • セルフケア
お風呂の入り方ひとつで痩せやすい体になる?

ダイエットに興味のある皆さん!実は、痩せやすいお風呂の入り方があるというのはご存知でしたか?

こんにちは、パルトネールの広報担当の元井です。

お風呂だけで痩せやすい体質を手に入れることができるなら、とっても便利ですね!痩せやすいお風呂の入り方について、詳しくお話をうかがってきました。

Q. やっぱりシャワーだけより湯船につかった方が痩せやすいですか?
A. そうですね、シャワーだけでは痩せ効果はあまり期待できません。

日本人の多くは毎日お風呂に入る習慣があるのですから、それだけダイエットできるチャンスもあるというわけです。夏場などはついシャワーで済ませてしまいたくなる人も増えているかもしれませんが、それは実はもったいないことなのです。

Q. なぜ、湯船につかることで痩せやすい体質へと導かれるのでしょか。
A. お風呂にゆっくり入れば体が温まり代謝機能がアップします。凝り固まった全身の筋肉もほぐれて、血行も良くなります。また、副交感神経が優位になるなど、痩せやすい体質へと自然に傾いていくのです。

Q. 痩せやすいお風呂の入り方とは、どのようなものなのでしょうか。
A. たとえば、ただゆっくりと湯船につかるだけでも、シャワーですませてしまうよりはダイエット効果を期待できることができます。さらにシェイプアップ効果を増したいのであれば、湯船の中で正座することをおすすめします。

Q. 正座!足が痺れたりしませんか?
A. お湯の中の正座は陸上のように痺れる心配はありません。なぜならばふくらはぎに全体重がかかるようなことがないからです。しかし、ほどよくふくらはぎを加圧することによって、下半身の滞っている血液やリンパ液の流れを正常化することができます。

ふくらはぎは「第二の心臓」ともいわれる部分です。下半身に流れてきた血液やリンパ液を上半身へと送り返すポンプのような役目があるのです。しかし、日頃デスクワークをしている人などは、どうしてもポンプ機能が弱りがちで、下半身に老廃物が溜まりやすく、贅肉もつきやすくなっています。そういった下半身デブを解消するためにも、正座入浴は非常におすすめです。

Q. なるほど!さっそく今日からトライしてみたいと思います。
A. 正座入浴はダイエットだけではなく美肌効果もあるといわれています。

ふくらはぎが加圧され、血行やリンパ液の流れが良くなれば汗もかきやすくなります。汗をかけば毛穴にたまった余計な汚れや皮質を洗い流すこともできます。ニキビなどの予防にもなるので、ぜひ毎日の習慣にしてみてください。

Q. なんと美肌効果まで!その他、正座入浴のメリットがあったら教えてください。
A. 正座入浴はリラックス効果も高まります。
寝る前に正座入浴することによって寝付きも良くなり、睡眠の質も向上します。上質の睡眠は別名痩せホルモンの成長ホルモンの分泌を盛んにします。成長ホルモンは新陳代謝を高めて痩せやすい体にするのはもちろんのこと、美肌効果も期待できます。

Q. つまり、正座入浴を続ければスリムで若々しいボディを手に入れることもできるというわけですか?
A. おっしゃる通りです。
お風呂で正座というのは、普通はしないかもしれませんが、実はこれだけのことで痩せやすい体質になれるばかりか、さまざまな効果を期待できるのです。難しいことではないので、ぜひ、毎日の入浴タイムに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、そうしたいと思います。今日は貴重なお話をありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

食事制限やエクササイズは続かなかった人でも、正座入浴ならばカンタン!毎日の入浴時間にちょっとした工夫をするだけで痩せやすい体を手に入れることができるなんて夢のようですね。ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Page Top

体験プラン