インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

ぐうたらして痩せたい!3つの方法を紹介します!

  • その他
ぐうたらして痩せたい!3つの方法を紹介します!

こんにちは、新人エステティシャンのハルナです。

本気でダイエットをしたいと思っている!運動をしなければいけないのも、間食をやめなければいけないのもわかっている。でも、運動が続かない、ついつい間食をしてしまう、結果ダイエットが長続きしない…。

そんな方にぜひ試してみてもらいたい、ぐうたらさんでも痩せられるおすすめのダイエット法を3つご紹介したいと思います!

正しい姿勢を常に意識する

ポッコリお腹や腰周り・背中の無駄なお肉は、実は姿勢の悪さからくるものが多いんです。女性に多い反り越しは、骨盤が開いてしまい、胃などの内臓が全て開いた骨盤の中まで落ちてしまう「内臓下垂」を招いてしまいます。内臓を正しい位置に戻してあげるだけで、ポッコリお腹は解消されます。

まずは、おへその下2センチくらいのところにある「丹田」に力を入れて、おへそを上に引き上げるような姿勢を心がけてみましょう。そうするだけでも腹筋が付いてきます。常に意識する必要はないので、気がついた時だけでも心がけて見てくださいね。

また、猫背もポッコリお腹や背中の無駄な贅肉をつける原因となります。猫背の改善には、胸を前に押し出す形で肩を後ろに引き、肩甲骨を寄せます。女性は脇をしめる力が弱いので、脇もしっかりしめましょう。すると、背中や脇のハミ肉などがみるみるうちに消えていきます。

他にも、座った姿勢の時に足を開きがちな方は、ヒザをくっつけて座るのも、太ももの引き締め効果になっていいですよ。いい姿勢を心がけるだけですが、実はとても筋肉を使うので、ダイエット効果があるんです。

食べる順番に気をつける

食事を取るとき、間食をする時、糖質を先に摂ると血糖値が急激に上がってしまいます。すると、上がった血糖値を下げようとしてインスリンというホルモンが分泌されるのですが、このインスリンがカラダに「太れ~」という信号を出してしまうんですね。なので、血糖値の急激な上昇を防ぐために、糖質以外のものを先に食べるようにするんです。

食事時であれば、ご飯の前にまずはサラダやお味噌汁、炭水化物以外のおかずから食べるようにしましょう。間食の時も、炭水化物系のお菓子を食べる前に、フルーツを摂るようにするといいですよ。フルーツは生で食べるものなので、食物酵素を摂り入れることができます。体内に酵素が十分にあると、消化や代謝がよくなるのでダイエット効果の出やすい体質になっていきます。

見える所に理想の体型の写真を貼っておく

ダイエットで一番の敵はお菓子より何より「自分自身」です。自分の弱い気持ちに勝たないことにはダイエットの成功はありません。強く「痩せたい!」と思っていても、いざ自分の好物のおやつなどが目の前にあっては強い決意もゆらぎがちに。

それは誰しも一緒なので自信をなくす必要はありません。ただ、決意が揺らがない「工夫」をすればいいのです!

部屋やケータイのアルバムなど、すぐ見えるところに自分の理想の体型の写真などを貼るようにしておきましょう。ダイエットの決意が揺らぎそうになった時は、その写真を見るんです。

すると「私は、この体型になるために頑張っているんだ!」という気持ちを思い出して、お菓子なども我慢できたり、運動ももうちょっとだけ頑張ってみようかなという励ましになります。なので、貼る写真はできるだけ自分のモチベーションが上がる人の写真を選ぶといいでしょう。

ぐうたらしながら痩せる方法3つはいかがでしたか?

いい姿勢を心がけるなんていうのはぐうたらとは言えないかもしれませんが、激しい運動をしたりするよりもよっぽどラクで、かつお金もかからず効果も高いのでおすすめです。普段の日常生活の中でできることばかりなのでぜひ意識してみてくださいね!

関連記事

Page Top

体験プラン