インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール
美容コラム

これなら簡単にできる!太ももの肉がすごいついたときにおすすめの解消法

  • 太もも
これなら簡単にできる!太ももの肉がすごいついたときにおすすめの解消法

こんにちは、パルトネール溝の口店、副店長の石井です。薄着の季節になって、ショートパンツを履こうとしたら太ももがむっちりしていた、なんて経験はありませんか?スキニージーンズを履きたくても、太ももの肉が気になると諦めてしまいますよね。

太ももの肉を落とす方法はいろいろありますが、効果的なのはエクササイズやマッサージを継続することです。つらいダイエット方法では続けることが難しいので、なるべく簡単なものだと嬉しいですよね。誰にでもできる太ももの肉を落とす方法をまとめてみました。

太ももにお肉がすごいついてしまった、または自分だけでは解消できないという人は、当サロンの太もも痩せメソッド「脂肪集中ケアボディメイクプラン 5,500円」もおすすめです。

太ももの脂肪を落とすエクササイズ

太ももにすごいお肉がついてしまった方でも、エクササイズをコツコツ行うことで太もも痩せは可能です。簡単にできる太もも痩せエクササイズを紹介しましょう。

骨盤の歪み対策にもおすすめの太もも引き締めエクササイズ

骨盤の歪みは血行やリンパの流れを悪くして、老廃物や余分な水分を溜めこみやすくします。それは太ももに脂肪がつく原因にもなります。太ももに脂肪をつきにくくするためにも、骨盤の歪みを改善することは大切です。紹介するエクササイズは、太ももを細くするほか、骨盤の歪み改善につながる方法なのでぜひ、続けてみてください。

1. 壁に手をついて、足首を曲げたまま脚を後ろに伸ばします。このとき、イスを用意してその上に脚を乗せるようにしましょう。
2. その姿勢のまま、呼吸を5回繰り返します。
3. 同じ姿勢で曲げた足首をまっすぐにします。
4. 反対の脚も同様に行います。

太ももの後ろの筋肉や内側の筋肉を意識して行いましょう。このエクササイズはお尻を引き締める効果も期待できますよ。

内ももの脂肪を落とすエクササイズ

1. 床に座り両肘で上半身を支え、足にクッションをはさみます
2. 膝を伸ばし、上下に動かします
3. 次に左右に動かします

動かすときは反動をつけずに腹筋と太ももの内側を意識して動かすのがポイントです。太ももの内側に力が入っているか確認してみてください。

膝上の脂肪を落としてスッキリした脚になる方法

自分の膝をチェックしてみてください。太ももの脂肪がついている人は、膝上にもお肉がついている場合が多いです。美しい膝を手に入れるエクササイズとマッサージを紹介しましょう。

膝上の脂肪を落とす方法

1. 仰向けに寝ます
2. 両足を上げ、膝を90度に曲げます
3. 自転車をこぐように脚を動かします
4. 50回×3セット行います

最初は30回×3セットでもOKです。慣れてきたら回数を増やしていきましょう。膝上をスッキリさせるほか、太ももからふくらはぎにかけての脂肪を落とす効果も見込めます。

膝上のお肉を落とすマッサージ

膝上の脂肪はマッサージがおすすめです。マッサージで血行をよくし、老廃物や余分な水分の排出を促しましょう。

1. 膝の周り・裏側にマッサージクリームを塗ります
2. 膝の周りをマッサージします
3. 膝の真下から膝の上に向かってさすりあげます
4. 膝上の真ん中からサイドに向かってマッサージします
5. 膝の裏側を刺激します
6. 反対側も同じように行いましょう

お風呂上がりやお風呂の中などで膝の周りをほぐしてあげることで、脂肪がつきにくくなります。

着圧ソックスで脚のむくみを改善しほっそりした太ももに

着圧ソックスは履くだけで脚の血行促進し、むくみを解消してくれるアイテムです。価格も手頃なものから高いものまでさまざまですが、自分に合った着圧ソックスを選ぶことが大切です。着圧ソックスの効果と選び方を紹介します。

着圧ソックスのメリット

着圧ソックスは足首から太ももにかけて、段階的に圧がかかるように作られています。血液やリンパの流れを促し、むくみやだるさの改善だけでなく、冷えの予防にも効果的なアイテムです。

効果的な着圧ソックスの選び方

選ぶ際のポイントは脚のサイズやむくみ具合によって、適した圧のソックスを選ぶことです。寝ている間にソックスを着用したいと考えている方は、圧力の高すぎないものを選びましょう。また、履き心地が良い素材を選ぶことも大切です。適度な圧があり、自分の肌に合う素材の着圧ソックスを選びましょう。

太ももに脂肪がつきやすい生活習慣に注意

太ももの脂肪は、生活習慣が乱れによってもつきやすくなります。太ももを細くするには、次のようなことに注意しましょう。

猫背などの悪姿勢に注意

悪姿勢は体の筋肉をバランスよく使うことができないため、余計なところに筋肉や脂肪がつきやすくなります。猫背のように背中が丸まっている人は、骨盤が後傾して太ももの前にある筋肉が張ってしまい、太く見えてしまうのです。

反り腰の人も要注意です。腰の湾曲が大きく、お尻が突き出た姿勢が続くと、太ももの前に力が入るため、太く見えやすくなります。太ももの前が張っている人は、エクササイズやストレッチ、マッサージなどで筋肉をほぐしましょう。

また猫背や反り腰は、腹筋が衰えている証拠でもあります。普段の生活のなかで、お腹に力を入れることを意識しましょう。背中が丸まっていると気づいたらすぐに背筋を伸ばし、正しい姿勢を心がけてくださいね。

むくみを解消する食事

夕方になると脚がむくむ、だるさを感じるという悩みを抱えている方は少なくありません。むくみを解消するには、カリウムをとるようにして余分な水分や塩分を排出しやすくしましょう。ホウレンソウやアボカド、キノコ、海藻類、キウイ、バナナ、プルーンといった食材がおすすめです。アーモンドや抹茶などのビタミンEが豊富なものは、塩分排出を促します。

体を冷やさない

血行不良になる大きな原因は体が冷えてしまうことです。対策としてお風呂は湯船に浸かり、冷たいものを摂りすぎないようにしましょう。血行をよくする足湯もおすすめです。また、身体を締め付けるガードルや足に合っていない靴なども、血液の流れを悪くしてしまうので注意してください。

適度な運動は冷えとむくみを解消する

ずっと座りっぱなしの生活は足がむくみやすく、セルライトができやすくなります。セルライトは硬くなってしまうと、運動や食事制限だけではなかなか解消することができません。むくみの解消や脂肪の蓄積を防ぐには適度な運動が大切です。お風呂上がりのストレッチやエクササイズのほか、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動も行いましょう。

太ももを細くするには、毎日のエクササイズの積み重ねが大切です。自分に無理のない範囲で体を動かすとともに、食事や姿勢にも注意しましょう。日常生活においてちょっと意識することで太もも痩せにつながります。太ももの肉がすごいついてしまった場合は、エクササイズやマッサージを行ってもすぐに効果が実感できないかもしれません。諦めずにコツコツと続けることで、効果があらわれるでしょう。

セルフケアでうまくいかない方へ。

自分だけでは痩せられないという方はやはりプロにお任せするのが一番です。

これまで約9万人の女性の美をサポートしてきた実績を持つインドエステサロン プレステージ・パルトネールでは、気になる部位を集中的にケアする「脂肪集中ケア ボディメイクプラン」を期間限定でご体験いただけます。

通常17,420円のところ、今ならなんと平日価格4,500円でお試しいただけるまたとないチャンスです。ぜひお試しください。

  • この記事を書いた人

  • 最新の記事

プレステージ 広報部

プレステージ 広報部

創業30年の実績を持つ老舗エステサロンの熟練エステティシャンが、ご自宅でのケアや食生活なども含めた美のノウハウをご提供いたします。

関連記事

Page Top

体験プラン