インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

その、むくみ顔はたるみに!?アルコールむくみなら改善できる

  • むくみ
  • 小顔
その、むくみ顔はたるみに!?アルコールむくみなら改善できる

美容コラムをご愛読くださいまして、ありがとうございます。プレステージ川崎店 店長の福田です。

お付き合いや楽しいひとときでお酒を飲んだ翌日、顔のむくみが気になる人は多いと思います。さらに、十分なケアをしないとやがて顔のたるみになることをご存じでしょうか。そこで、むくみがどのようにしてたるみを起こすのか、またお酒が原因でむくんでしまうケースと対策法をご紹介します。

顔のむくみはたるみの原因

顔のむくみは、放置すると顔のたるみの原因となります。むくみは皮膚の下に血しょう成分が溜まっている状態です。そのまま放置した場合、重力の影響で血しょう成分とともに皮膚が下に引っ張られてしまいます。これがむくみによって起こるたるみの原因です。

将来の顔の状態に悪影響を与えるむくみですが、きちんと対策している人は多くありません。顔のむくみが気になるものの、具体的なケアはしていないという人が多いようです。表面的なむくみは数日程度で消えるので、その場限りの対策ケアにしている事はありませんか?

実は、表面的なむくみがなくなった後も、老廃物は皮膚の下に残っているんです。老廃物が隠れている皮膚は重力に負け、たるみを生みだすのです。さらに、老廃物が溜まると老化が促進されるため、そちらもたるみの原因になりえます。将来のお肌のトラブルを考えると、顔のむくみは放置すべきではありません。

お酒が原因のむくみ対策

顔がむくんでしまうとき、よくあるのがお酒を飲んだ次の日によくむくみを感じられる方は多いのではないでしょうか。

社会人ともなると、付き合いでお酒を飲む機会は避けられないかもしれません。また、お酒好きな女性もいると思います。実は、お酒の飲み方と飲んだ後のケアひとつでむくみは回避できるのです。

まず、お酒を飲むときは必ず水を一緒に飲むようにしましょう。むくみはアルコールによる脱水症状によって起こります。アルコールは飲み物なので水分が減るのは意外に思うかもしれません。しかし、利尿作用があるほか、体内の水分の配分を変えることがわかってきました。小まめにお水で水分補給を行い、脱水症状を防ぐようにしてください。

おつまみは野菜や果物を多めに摂りましょう。特に、じゃがいもやさつまいも、キノコ類は水分の代謝を促します。トマトやグレープフルーツ、レモンも、代謝をスムーズにする作用があります。また、アーモンドやごまは血管の汚れをキレイにするので、お酒と一緒に食べるとよいかもしれません。

翌朝のケアもむくみ解消に影響します。朝起きたらお水を十分に飲み、野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。また、ストレッチで身体を温めると血行がよくなります。汗をかきやすくなり水分補給もスムーズになるため、軽く身体を動かすようにしましょう。

顔のむくみはマッサージでも改善できる

将来顔のたるみを起こさないようにするポイントは日々のケアです。エステサロンの顔を含めたデトックス法はむくみにとても効果がありますが、日々のケアを手抜きしてしまうと効果は半減してしまいます。そこで、ご自宅でもできるセルフケアの方法をご紹介しましょう。それがサウナマスクを使ったマッサージです。

顔の老廃物を排出するには、顔の体温をある程度まで上げる必要があります。サウナマスクで体温を上げて老廃物の排出を促しましょう。目の下と顎の下をゆらしてほぐすようにマッサージをします。ただし、顔の体温が上がり過ぎると毒素が出てニキビや肌荒れの原因になるため、適宜顔を冷やしてください。サウナマスクのあとは氷水で冷やし、目の下をマッサージしましょう。


顔のむくみはたるみの原因です。将来「肌がたるんでしまった」とならないよう、早め早めのケアを心がけてください。早め早めのセルフケアをしながら、顔周りに溜まってしまった老廃物を排出できるように努めましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン