インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

ふくらはぎのむくみの原因と解消方法とは?

  • むくみ
ふくらはぎのむくみの原因と解消方法とは?

こんにちは!新人エステシャンのサヤカです。夏に近づくにつれこのところ、ふくらはぎのむくみにお悩みのお客様が多いので、むくみの原因と解消、脚痩せの方法についてまとめてみようと思いました。

ふくらはぎがむくむ原因は?

1日中立ちっぱなしだったとき、ふくらはぎのむくみが気になることがありますね。そうかと思えば1日中座りっぱなしのときにもふくらはぎのむくみに気づくことがあります。

さて、両極端に思えるこれらのケースですが、ふくらはぎがむくんでしまったのはなぜなのでしょう。以下、ふくらはぎのむくみの原因別に解消法をお話したいと思います。

1:筋肉を動かさないことによるむくみ

1日中座りっぱなしだった日の夕方、気付けばふくらはぎがパンパンに膨らんでいることがあります。これは長時間にわたって筋肉を動かさなかったため。

リンパ液は筋肉を動かすことで、押し流されています。ふくらはぎの筋肉を使わないと、リンパ液が同じ場所に滞ってしまい、細胞間の水分が吸収されることなく溜まってしまうのでむくむのです。

この種のむくみを解消するためには、1時間に5分は休憩をとって部屋を歩きまわったり、段差をつかってふくらはぎを伸ばしたり縮めたり、といった運動をするとよいでしょう。

2:立ちっぱなしによるむくみ

長時間にわたって立ちっぱなしでいると、ふくらはぎはむくみやすくなります。これは重力により、血液やリンパ液、水分が足の方に溜まってしまうから。この種のむくみを解消するためには、できるなら横になって足を心臓よりも高くなるようにするとよいでしょう。

3:塩分の摂りすぎ

塩分の摂りすぎはむくみの原因になります。塩辛いものを食べると、体は塩分濃度を体液と同じにしようとして水分を余計に溜め込んでしまうのです。塩分の摂り過ぎに注意してみましょう。

もし塩分を多めに摂ってしまったなら、余分な塩分の排出を助ける作用があるカリウムを含む食材、バナナなどを摂取しましょう。

4:生理前のむくみ

生理前は、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されるようになります。プロゲステロンには、体内に水分を溜めこむようにする作用もあるので、生理前にむくみが出やすいという人は多いです。

むくみは大変不快ですが、この種のむくみは生理周期と共に解消されるので、心配する必要はありません。塩分の摂り過ぎに注意すること、体を温めること、リンパマッサージ、適度に体を動かすことなどを心がけましょう。

また、人によってはプロゲステロンが過剰分泌されてしまうこともあるため、ホルモンバランスを整えることで生理前のむくみを改善することもできるでしょう。

さて、あなたのふくらはぎのむくみはどのタイプでしたか?自分に合った解消方法を取り入れ、快適な毎日を過ごしましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン