インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

ふくらはぎを痩せたい!そんな貴女にとっておきの方法

  • ふくらはぎ
ふくらはぎを痩せたい!そんな貴女にとっておきの方法

いつも美容コラムをご覧いただきありがとうございます。プレステージ マネージャーの黒木です。

今日はお客様の中でも関心の高い、足痩せについてお話したいと思います。足を痩せたいならば、ターゲットにしたいのはまずふくらはぎです。

どうしても太ももなどに意識が行ってしまいがちですが、太ももが隠れているファッションもありますし、ファッションによっては目立たないものです。それとは反対に、案外目につくのがふくらはぎです。ふくらはぎを引き締めほっそりと痩せたい人のための、とっておきの方法を紹介します!

ふくらはぎの筋肉太り解消する

ふくらはぎが太くなってしまう理由はいくつかあります。その中の一つに筋肉太りがあります。早足で歩く、ヒールが高い靴ばかり履いている、昔運動部に所属していた、というような人は注意が必要です。

しかし、いくらふくらはぎを痩せたいとしても、必要な筋肉まで削ぎ落としてしまうのはおすすめできません。適度な筋肉はむくみを解消するために欠かせないものだからです。筋肉を柔らかくし、まわりについた脂肪を燃焼させやすくするためにマッサージを行いましょう。

マッサージのやり方は簡単です。
まず両手でふくらはぎをつかみ、親指でふくらはぎを軽く押しながら、足首から膝の方へと動かしていきます。
家庭用の指圧グッズなどを利用すればより効果がアップします。

間違った姿勢と歩き方を修正する

猫背などで体の重心がズレていると、ふくらはぎに余計な力がかかり、どんどん太くなってしまいます。また、指先が靴の中で浮いているいわゆる「浮き指」も、ふくらはぎを過成長させてしまいます。

背筋を伸ばして、つま先で軽く地面を蹴りながら、ほどよいスピードで歩くように心がけてください。できればウォーキングシューズなど、足の健康を考えてデザインされた靴を履くようにしましょう。姿勢と歩き方を修正しただけで、ふくらはぎが細くなったばかりか腰痛が治ったという例もあります。

むくみを解消する

ふくらはぎ太り最大の原因とも言えるのがむくみです。上半身から下半身に流れ込んだ血液やリンパ液は、ふくらはぎの筋肉が動くことによって上半身に送り返されています。ふくらはぎが「第二の心臓」と言われるのは、このようなポンプの働きをしているからです。

ところが、加齢などによってふくらはぎの筋肉が衰えると、どうしてもポンプの機能が劣化してしまいます。そのため、ふくらはぎに水分が滞る「むくみ」を起こしてしまうのです。

むくみが起こると、老廃物もたまりがちになります。脂肪だけではなく、脂肪と老廃物が複雑にからみついた状態のセルライトまで形成されてしまいます。ふくらはぎをつまんでみて、もし肌の表面がデコボコしていたら、それは相当セルライトが進行している状態と言えます。

セルライトを除去するには、むくみを解消しなくてはいけません。むくみ対策としては適度なストレッチや半身浴がおすすめです。

ストレッチといっても簡単なものでかまいません。家事や仕事の合間につま先立ちで立ったり、屈伸運動をするだけでもだいぶ違います。少なくとも毎日5分程度継続することで、むくみ解消と予防が期待できます。

毎日のバスタイムもシャワーだけですませるのではなく、半身浴や全身浴を取り入れてみましょう。入浴にするだけで下半身の血流が改善され、ふくらはぎにたまった水分や老廃物の排出が促されます。忙しい毎日の中ではゆっくり半身浴をしている時間もないかもしれませんが、おやすみの日だけでもいかがでしょうか。

もちろん、私たちのサロンでもふくらはぎ痩せのためのメニューを用意しています。自己流ではなかなか結果を感じられないという時には、ぜひプロのエステテシャンにおまかせください。い

関連記事

Page Top

体験プラン