インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

むくみが起きる原因は飲酒にある!?

  • その他
むくみが起きる原因は飲酒にある!?

お酒が好きな人は、次の日に大変とわかっていてもついつい飲んでしまうものですよね。私もつい…

こんにちは。プレステージ広報担当の元井です。

お酒が好きな方にとって仕事が終わったあとの晩酌は欠かせないものですよね!特に夏が来るとビールが美味しい時期になって…今から楽しみですね!

でも、そのお酒が原因でむくみを生じさせてしまっているってご存じでしたか?今回は、お酒とむくみの関係をベテランエステティシャンに聞いてみました。

Q飲酒した翌朝、顔がむくんでしまうのはなぜですか?
A.お酒そのものによって顔がむくんでしまうのではなく、水分を沢山とってしまうことによってむくんでしまいます。アルコールを体内で分解するには水分が必要ですから、お酒を飲むと体が自然と水分を欲します。お酒を飲んだあとに水が欲しくなったりした経験のある方は多いでしょう。水分の過剰摂取がむくみの原因なのです。

Q.顔以外の場所もむくむんでしょうか?
A.もちろん、顔以外の部位もむくみます。顔は朝鏡などを見て気づきやすいため「お酒を飲むと顔がむくむ」と思っている方が多いですが、実際には足や手がむくんでいるということもあります。

Qむくんでしまった時の対処法があれば教えてください!
A.とりあえず朝一時間程度早く起きてお風呂に入りましょう。そこで汗を流して余分な水分を出してしまうことです。むくんでいる状態というのは余分な水分が体内に残っているということですから、それを体外に出すことだけを考えましょう。そのため水分はできるだけ摂らずに出すことに専念します。マッサージやストレッチなどの軽い運動も効果的ですよ。

できればむくみを起こさないようなお酒の飲み方をすることですね。

お酒を飲む時には塩分の強いおつまみが欲しくなりますが、塩分も水分を体内に滞留させてしまう原因の一つですから、なるべくあっさりしたおつまみがオススメです。お酒を飲んだあとに水をがぶ飲みするのも控えてみましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン