インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

むくみを取ることは痩せたい人なら欠かせないポイント!

  • むくみ
むくみを取ることは痩せたい人なら欠かせないポイント!

こんにちは、新人エステティシャンのユリです!

夕方になると足がむくんで靴が履きにくくなったり、お酒を飲んだ次の日は顔がむくんだりと、むくみというのは多くの方が経験したことがあると思います。実は、なかなか痩せられない人の原因の一つにこの「むくみ体質」というのがあります。

むくみをすっきり取るだけで、洋服のサイズが1サイズ小さくなるかもしれないのです!今回は、そのむくみの仕組みと解消法をお伝えしていきたいと思います。

むくみってどういう仕組み?

人間は身体の60%が水分でできています。その血液中にある水分が、リンパ管の外に染み出して溜まっているのが「むくみ」なのです。一旦むくんでしまうと、細胞への養分の取り入れ・老廃物の排出などがうまくいかなくなるので、さらにむくみは悪化しやすくなるのです。

むくみの原因は?

むくみの原因の大半は「代謝が悪いこと」です。代謝が悪くなり、血液中の水分の代謝も悪くなって、余分な水分が身体の不必要な部分に染み出して停滞してしまうのです。

運動不足などで、筋肉量が減ると代謝が悪くなるので、むくみの原因になったり太りやすくもなります。インスタント食品などの塩分の取りすぎも注意です。塩分を取りすぎると、細胞の浸透現象で血管の外に水が染み出してしまいむくみが起こります。

冷え・運動不足・ストレスなどによる筋肉の緊張による血行不良も原因の一つとなります。カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルや、ビタミンB1、たんぱく質の不足もむくみが出やすくなります。

女性の方がむくみやすい!

女性ホルモンのバランスにより皮下脂肪が男性より多いこともありますが、女性のむくみの大きな理由は男性より筋肉量が少ないことであるとされています。代謝が悪いこともありますし、例えば足の筋肉がないと脚に溜まった血液を心臓までもどす筋肉のポンプの作用が弱くなり、結果的に足・足首に水分が溜まりむくみがおこってしまうのです。

水分を摂らないのは逆効果!

よく水を飲みすぎるとむくむ、なんていう人がいますよね。水太りやむくみをなくすために水を飲まないようにしている女性をために見かけますが、これは逆効果なんです。水分を補給しないと脳は体内の水分量を保とうとして尿や汗を出さないように働きかけます。

すると、身体の中の老廃物が外に出ず溜まり、逆にむくみや水太りを引き起こす原因となります。体内の水分量が多くなったからむくみが出るわけではありません。水分の代謝ができてない為むくむのです。

むくみの解消法は?生活習慣を見直しましょう!

筋肉量の低下が原因のむくみであれば、運動をして筋肉量を上げることが近道です。運動をして体を動かすと血行不良も改善されるので一石二鳥です。血行不良の場合は普段から一定の姿勢をとらずに、ストレッチなどでこまめに体を動かすようにしましょう。

マッサージでほぐすのも有効です。温かい湯船にもゆっくり浸かるようにしましょう。食事でしっかりビタミン・ミネラルを摂る事も大事です。摂取しきれない場合はサプリメントなども有効に活用するといいかもしれません。

痩せるために食べる量を減らすより先に、むくみの原因となる食べ物をなくしていくことも心がけて欲しいポイント。インスタント食品・塩分の多いもの・アルコールの摂取は、むくみの原因となります。

むくみに良い食べ物

スイカ・メロン・きゅうり・バナナ・りんご・アボカド・キウイフルーツ・海草類・いも類・豆類などです。ポイントは「カリウム」が多く含まれていることです。カリウムには利尿作用があり、余分な水分を排出させてくれます。

あと、体内にあるナトリウム(塩分)の排出する作用もあるので、むくみとりには最適な栄養素なのです。

痩せるにはまずむくみ取りから!

むくみがとれただけでも大分身体はすっきりとして見えるはずです。さらに、むくみがとれることには痩せやすい体質にもなっていることでしょう。痩せるためには、まず「むくみを取る」というところにも注目してみてくださいね。

関連記事

Page Top

体験プラン