インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

イヤな背中の肉をカット!スッキリきれいな背筋を手に入れる方法

  • 背中
イヤな背中の肉をカット!スッキリきれいな背筋を手に入れる方法

いつも美容コラムをご愛読いただきありがとうございます。プレステージマネージャーの進藤です。

ちょっと手を伸ばして肩甲骨付近をつまんでみてください。意外な分厚さに驚きませんでしたか?自分から見えない背中ですが、薄着の季節になると意外と目立つのが背中についた脂肪です。

今回は背中の肉を落としてスッキリきれいな背筋を作る方法を紹介したいと思います。

背中に肉がつく原因

背中に肉がつく原因は大きくわけて「加齢によるもの」と「猫背のような姿勢からくるもの」があります。

加齢によって背中の筋肉が衰えると、無駄な贅肉がたまりやすくなります。逆にスポーツやエクササイズで日頃から体を鍛えているお年寄りは、背筋がスッキリときれいな人も少なくありません。「スマートなのに後姿がたるんでみえる」「高いところに手を伸ばすと肩周りの肉が邪魔をする」といった人は、加齢による背中太りに陥っている可能性があります。

また、猫背も筋肉を使わなくなり血行も悪くするため、背中に肉をつきやすくします。血行不良は脂肪を燃えにくくするばかりか、老廃物と脂肪が絡み合ったセルライトを作りやすくしてしまうのです。デスクワークで一日中同じ姿勢でパソコンに向かっている人、歩く時に首が前に出ているといわれる人などは注意しましょう。

背中の肉を落とす方法

加齢や姿勢の悪さで背筋が衰えると、どうしても背中に肉がつきやすくなります。エクササイズで背中の筋肉を鍛えることで、すっきりとした背筋を手に入れましょう。背筋は体の中でも大きな筋肉なので、ここを鍛えることは効果的に基礎代謝を向上させ、痩せやすい体質を作るのにも効果的です。

背筋を鍛えるエクササイズとしてまずおすすめなのが「肩甲骨はがしストレッチ」です。

まず、正面を向いて首を左右に一回ずつ倒します。

次に両腕を肩の高さまで上げて、手のひらを上に向けるようにしましょう。そのまま肘を90度に曲げて、肘を後ろに引いて肩甲骨を下げるようにします。

ラットプルダウンを行うイメージで、肩甲骨を背骨に近づけるように下げたら、そのまま5秒間キープして、元の位置に両腕を戻してください。

以上を10回ほど繰り返しましょう。

また、タオルを用いたエクササイズも効果的です。
両足を肩幅に開いて立ち、両手でタオルを持ちます。
そのままタオルを持ち上げて、頭上でピンと張るようにしましょう。
息を吐きながら肘を引いて、肩甲骨を回すようにして背中側にタオルを持った両手を下ろします。
息を吸いながら、もう一度タオルを頭の上に持ち上げてください。

以上を10回ほど繰り返します。

背筋を伸ばして背中の肉を落とす

エクササイズをする時間がなかなかとれないという人は、姿勢を正しくするだけでもある程度の効果は期待できます。背筋を伸ばして生活することを習慣にすることができれば、普通に過ごしているだけでも軽く筋トレしているようなものともいえます。

背筋を伸ばすにはまず息を吸ってお腹を引っ込めて、内蔵を持ち上げるようにします。

次に肩を下げて、首の後ろを伸ばし、お尻を締めれば、自然と背筋は伸びているはずです。

歩く時にもこの姿勢をキープするようにしてください。

姿勢と背筋はとても深いつながりがあります。逆にいえば、どんなにエクササイズに励んでも姿勢が悪いままでは効果は半減してしまうということです。まずは、背筋を伸ばして毎日を過ごす心掛けから行ってみましょう。

いかがでしたでしょうか?

知らず知らずのうちに蓄積している背中の肉は、老けた印象を与えてしまうものでもあります。つい気になるのはお腹の肉かもしれませんが、それ以上に注意が必要な背中の肉なのです。いつまでも若々しくいるためにも、背筋を伸ばし、適度なエクササイズを毎日の生活の中に取り入れるようにしてみましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン