インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

セルライト撃退!二の腕の冷えを0円で解消する裏技

  • 冷え
セルライト撃退!二の腕の冷えを0円で解消する裏技

セルライト解消=マッサージというイメージをお持ちの方が多いでしょう。もちろんマッサージも大切ですが、冷え・血流の悪さもセルライトの大敵といえます。

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

今回スポットライトを当てるのは、二の腕です。わきの下のリンパが近く、血流が集まる部位なのに、冷え対策が忘れられがち。ご家庭にあるもので簡単に温める裏技をインタビューしています。

広報担当

二の腕のセルライトを解消するにも、忘れずに温めていきたいもの。どうしたらよいのでしょうか?

エステティシャン

実は「ドライヤー」で、二の腕の冷えを改善できます。これはあくまで裏技としてのご紹介。

もともとドライヤーは肌に当てるものとして製造されていないため、必ず肌から15cm以上離し温風を当てる時間も2分程に必ずしてください。肌の乾燥意外にも低温火傷の恐れもありますので注意しながら使用しましょう

二の腕は手を当てて触ってみると、ひんやりしていることが多い部位の1つです。冷えきった身体を一気に温めてしまうことで、滞っていた血流が改善されます。

広報担当

なるほど!二の腕だけではなく、全身に使いたい裏技ですね。

エステティシャン

そうですね。ドライヤーで温めるのは、大きな筋肉が集まっている部分から始めるのがおすすめ。たとえば、おしりや太もも。どちらもセルライトができやすい部位ですし、まずはここから温めていきましょう。

大きい筋肉から小さい筋肉の順に温めるのが鉄則だと覚えておきましょう。

広報担当

髪を乾かすついでに首の後ろにドライヤーを当てるだけでも、温かく気持ちいいですよね。

エステティシャン

パソコン作業で疲れたときに首の後ろを温めるとホッコリしますよね。首の後ろには大切なツボが集まっているからです。二の腕のあとに温めておきたい部位といえるでしょう。

その他に、おすすめの温めポイントは、ひざの裏。委中というツボがあるので、むくみ解消にも効果があるといわれています。

広報担当

ドライヤーを当てるタイミングは、やはりお風呂あがりでしょうか?

エステティシャン

これが意外なことに、「お風呂に入る前」がおすすめ。半身浴の前に温めておくと、冷え切った身体とお湯の温度差を埋められるからです。半身浴との相乗効果も期待できますので、ぜひとも試してみてください。

あとは、二の腕のエクササイズをする前がいいでしょう。運動をサボりたくなったときのモチベーションアップにも使えます。

ドライヤーは長い時間肌に当てることができない分、数秒でも当てただけでもポカポカしてきます。不思議なもので、身体が温まってくると心もほぐれてくるものなんです。

広報担当

ペットボトルを使って、腕を曲げ伸ばしするエクササイズもありますよね。

エステティシャン

500mlペットボトルをダンベル代わりに使う方法ですね。このエクササイズは、ドライヤーの裏技と同じくテレビを見ながらでもできるので、片手間に二の腕の筋肉を動かせます。

また、根っからの運動好きの方は、残業でクタクタで帰宅の中でも「さあ、仕事疲れは、エクササイズで汗をかいてすっきりしよう!」と思ったりしますよね。運動が好きな人は、ダンベルやペットボトルを上手に使いながら、二の腕の筋肉の他に背中の筋肉も動かしていきましょう。

広報担当

まずは、癒されてから運動しましょう、ってことですかね?

エステティシャン

基礎代謝を上げるために、どうしても筋肉をつけないといけません。しかし、頭ではわかっていても、冷えを感じたままで身体を動かすのはモチベーションが下がりがちになってしまいます。

「辛い」「面倒だ」という不快な感情が伴ってしまうと、運動嫌いの人にとっては苦痛でしかありません。そこで、「気持ちいいな」「ホッとする」という感情を湧いてくることをしてから運動をすると、弾みがつくでしょう。

広報担当

アロマやマッサージ大好きな人は、お気に入りのオイルで二の腕をマッサージをしてから運動するのもいいかもしれませんね!

エステティシャン

まさにその通りです。冬にはドライヤーの裏技がおすすめですが、夏はそうはいきませんよね。二の腕は冷房で冷えやすい部位の1つ。

柑橘系のさわやかなオイルでマッサージするにもよいでしょう。ご自身が置かれた環境に合わせて、癒される方法を取り入れながら代謝改善を行いダイエットに励んでいきましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン