インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

モデル級に大変身!二重顎が痩せたいときにやること

  • 小顔
モデル級に大変身!二重顎が痩せたいときにやること

女性なら一度はモデルや女優の様にすっきりと綺麗に痩せたい!小顔になりたい!と思った事があるのではないでしょうか。

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

せっかく痩せても顔が二重あごのままじゃ痩せて見えないことから、今回は「二重顎をスッキリさせたい!」と願う方にも朗報の顔痩せについて聞いてみました。

広報担当

ダイエットしても顔だけ痩せないのはどうしてなのですか?

エステティシャン

顔太りは脂肪によって成り立っているとは限りません。そのため、ダイエットをして脂肪を落としても顔だけ残ってしまっているという事が挙げられます。

広報担当

そうですか。顔は痩せにくいと聞きますが、そもそもどうして顔痩せが難しいと言われているのでしょうか?

エステティシャン

顔が太っている、いわゆる顔太りには単純に脂肪がついているほかにもむくみや骨格によっても顔が大きく見えてしまいます。このような事が原因となり、顔痩せが難しいと言われているのです。

広報担当

骨格というのはなんとなく分かる気がしますが、脂肪とむくみは分かりにくいですよね。顔太りにはどんなタイプがあるのでしょうか?

エステティシャン

顔太りには固太り、骨格、脂肪、たるみ、むくみなどのタイプに分かれています。自分がどのタイプなのかを知る事で、より顔痩せがしやすくなると言えます。

広報担当

そうでしたか!顔太りタイプを見分ける方法はあるのですか?

エステティシャン

そうですね。固太りタイプの方は、えらなどの骨ばった箇所を触ってみると、骨ではないのにゴリッとした感触がある方が固太りタイプですね。

次に骨格タイプは、顔全体のバランスを見てみてください。眉の位置や口角がの高さが左右でずれている方はこのタイプに当てはまりやすいですね。

そして脂肪タイプは顔ではなく身体と関係していて、近頃太ったもしくは肥満体の方に多いタイプです。

たるみタイプは年齢も深く関係してきますが、頬が下がり、法令線が目立ってきている、つまり、筋力の低下が招いている顔太りです。

最後はむくみタイプですが、朝起きた際に顔を見ると瞼が腫れぼったくなっている方にこのタイプが多くみられます。

広報担当

では自分がどのタイプの顔太りなのかを知ることが顔痩せの近道なんですね。全体タイプに共通の効果がある顔痩せというのはあるのでしょうか?

エステティシャン

そうですね、全タイプ共通して顔痩せを実現できるのがリンパマッサージです。ただし、マッサージでもやはりタイプ別の方法で行う事で、より効果を期待する事ができます。様々な事柄が要因となって顔太りになるのですが、むくみ解消、脂肪燃焼、筋力アップ、骨格形成といった異なるマッサージを行ない、顔痩せを目指します。

ただし、どのタイプであってもそうですが、すぐに止めてしまっては意味がありません。継続しなければ効果は期待できませんので、毎日マッサージを続ける事が大切です。

広報担当

分かりました。では1週間後にデートがあってその時までに顔痩せをしたい!といったような緊急時にも間に合う短期間での顔痩せってできるのでしょうか?

エステティシャン

正直な所を申し上げると短期間でというのは難しいですが、いくつかある顔太りタイプの方の中でもむくみタイプの方はむくみ解消マッサージを行う事で、数日間のマッサージでもむくみが解消されてすっきりと見せる事ができます。

むくみマッサージ方法

①頬からアゴにかけて顔の下の部分を手で覆い、こめかみに向かって内側から外側へゆっくりとリンパを流す。
②次に鼻から力を入れすぎずゆっくりと耳に向かって流す。
③まぶたの上からこめかみに向かって人差し指・中指・薬指の3本の指で流す。
④3本の指でおでこからこめかみ、頬、首に向かって流す。
⑤最後に片方の手の平で、耳の下から首、鎖骨を通り胸に向かってゆっくりと流す。
※筋肉が動くほど激しくやるとかえって肌を痛めたり、たるみをつくる原因になりますので、優しく手全体を使って行いましょう。

広報担当

では最後に、顔太りを予防するためにはどうすればいいのでしょうか?

エステティシャン

顔太りをしている人はよく食事などの際に頬の内側を噛んでしまうと言われています。これは顔の筋力が低下する事でたるみが生じている事が大きな原因だと言われています。表情を豊かにする、人と話をするなどで表情筋が鍛えられ、表情も豊かになっていきます。

とは言え仕事柄なかなか思った様にすることができないのも現実です。日頃から表情筋のトレーニングを行う事で自然と顔痩せに繋がるほか、顔太りをしにくくなりますので、毎日の習慣としてトレーニングを実施するように心がけると良いでしょう。

関連記事

Page Top

体験プラン