インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

リバウンドを避けるためには?根本的に食生活を見直した方がいい!?

  • その他
リバウンドを避けるためには?根本的に食生活を見直した方がいい!?

ダイエット後のリバウンドは精神的なショックも大きいですね。自己嫌悪に陥ってしまう方も多いでしょう。

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

今回はリバウンドを防ぐには何から見直しをすれば良いのかインタビューしてきましたので、ぜひ参考になさってくださいね!

広報担当

ダイエット後のリバウンドは食生活が関係しているのでしょうか?ダイエット中の我慢が反動で過食になってしまうケースもあるようですが、それが原因ですか?

エステティシャン

そうですね。やはり食生活は影響しやすいですね。ダイエットを始めると、その期間だけ極端に偏った食生活になってしまう方がいます。確かに短期間で体重を落とすことだけを考えれば、これでも結果には繋がるでしょう。

しかし、体というのはバランスを求めていますので、偏った食事内容だと正常に機能しなくなります。バランスを取るために足りていない栄養素を欲しがりますが、その際には歯止めをかけるのが難しく、無意識の中で体が欲するままに食べ過ぎてしまう事が原因のケースもあります。

また、ダイエットが必要になったのも食生活に原因があると考えることができますね。その場合、ダイエット後にダイエット前の食生活に戻れば当然リバウンドしますよね。

広報担当

ダイエット後もダイエット中の食生活を続けたほうが良いのですか?

エステティシャン

いえ、そういうことではなく、ダイエット中からもバランスを考える必要があるという事です。偏った栄養バランスでダイエットをした場合には、当然摂取する栄養も偏っていますよね。ダイエット後にそれ以前へと戻してしまえば、再びダイエットが必要な状態に逆戻りです。

それから、極端に偏った食生活でダイエットをした場合、栄養素に対する体の欲求が強くなりますので、セルフコントロールが難しくなってしまうのも原因の一つです。せっかくダイエットをきっかけに理想的なスタイルや体重を目指すのですから、この段階からバランスには気をつけるべきなのです。

そうすればダイエット後に強い欲求に負けてしまうような事もなく、セルフコントロールがしやすい状態が維持できるでしょう。

広報担当

具体的にはどのような食生活が良いのでしょうか?毎日バランスのとれた食事をするのは案外難しいですよね?

エステティシャン

そうですね。食生活というのは食事の内容だけに限りません。タイミングや飲み物なども含めての食生活なのです。

毎日の食事の時間が違っていたり、暴飲暴食をしてしまう事が増えると体内にも影響が出てしまいます。食生活が体型や健康状態を作っていると言っても過言ではありません。基本は摂取カロリーを消費カロリーが上回る事が大切です。

食事の内容によって資質に変わりやすいものもありますよね?それらを避けるのではなく、順番を変えてみるだけでも違いがありますよ。

野菜など糖質や脂質に変わりにくいものを先に、食物繊維や鉄分などを含む肉類や魚を次に、そしてエネルギー源となる主食を最後にすることで効率が良くなります。ゆっくり噛んで食べることや、出来るだけ同じ時間に食事をすることも大切ですね。

内臓に負担をかけないためにも、眠る4時間前までには食事を済ませましょう。こうした食生活を続けることで、内臓の働きが低下せず、ホルモンや食欲をつかさどる物質の分泌量などもバランスが保たれます。

広報担当

なるほど。リバウンドをしたくないなら、食生活を全体的に見直し、トータルバランスを考える事が大切なのですね。

確かに偏った食生活で短期ダイエットをすると、反動でスイーツや油っぽいものを食べてしまう事もあります。

極端な我慢でダイエットをするとリバウンドしやすいので、ヘルシーな食事に体を慣れさせるためにも焦らずに食生活を整える事が重要ですね。


というわけで、リバウンドを防ぐためには食生活の見直しがとても大切なようです。何度もリバウンドとダイエットを繰り返さないためにも、食生活を根底から見直していきましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン