インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

上半身スッキリ!腹筋の部分痩せの考え方

  • 腰・ウエスト
上半身スッキリ!腹筋の部分痩せの考え方

いつも美容コラムをご覧いただきありがとうございます。プレステージマネージャー の進藤です。上半身の部分痩せにご興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。とくに、ウエスト周りはすぐに脂肪がついてしまうので、油断しているとぽっこりお腹に。体重は変わらないのに…と思いつつ、早めに部分痩せしたいと考える方もいると思います。

【腹筋運動、鍛えるポイントは具体的に絞ろう】
ウエスト周りが気になったときは、腹筋を刺激することが大切です。同じだけ脂肪量があっても、筋肉が元気な状態だと脂肪を持ち上げてくれると言います。その結果、部分痩せしているように見えるのです。

「一番の近道は腹筋運動」と、イメージする方も少なくないかもしれません。たしかに、腹筋をキレイにするときに腹筋運動をするのは効果的です。やらないよりはやったほうがよいと思います。

ただし、腹筋ひとつとってもさまざまなパーツで構成されています。あなたが部分痩せしたいと考える部位に応じ、腹筋のトレーニングメニューを変えると、より効果的に部分痩せができるかもしれません。

【ワキ腹が気になる場合はひねり】
ウエスト周りの筋肉のうち、ワキ腹が気になる人もいると思います。ワキ腹を支える筋肉は腹斜筋といい、ふつうの腹筋ではなかなか鍛えることができません。では、どのようにトレーニングすると効果が上がるのでしょうか。

腹斜筋を鍛えるポイントはひねりです。一番わかりやすいのは、ボクサーのようにひねりを加えながら腹筋運動をする方法でしょうか。左右にひねりを加えながら、交互にトレーニングすることで腹斜筋を鍛えることができます。

ただし、腹筋運動以外にも鍛えることは可能です。たとえば、椅子に座りながら左右にひねる運動をするだけでも、腹斜筋を引き締めることができます。ワキ腹をスッキリさせたい方は、息を吐きながらゆっくりと左右にひねる運動を繰り返しましょう。

【下っ腹が気になる場合は足上げ】
ウエストのなかでも、下っ腹を気にする方は多いのではないでしょうか。どうしても、筋肉が衰えやすい部位だと考えられているので、普段から意識してトレーニングしてあげないと、たるんでしまいがちです。

下っ腹の腹筋を鍛えるコツは、仰向けになって足上げ腹筋やV字腹筋といったトレーニングをすることです。下半身を腹筋だけで持ち上げるイメージでやると、ぽっこりお腹がへこみます。普段あまり意識して使っていない筋肉なので、10回程度やるだけでも相当な刺激が与えられるはずです。

下っ腹の腹筋は、椅子に座りながらのトレーニングでも大丈夫です。足を前に投げ出して、同じように腹筋で足を持ち上げるようにすると、下っ腹の腹筋に効果があると思います。とくに、この方法なら腿もスッキリし、成長ホルモンの分泌を刺激して、痩せやすくなると考えられるのでおすすめです。

【ただの腹筋運動……と侮るなかれ】
腹筋運動をするときに限りませんが、筋トレをするときは、鍛えている部位を意識すると10%程度トレーニング効果がアップすると言います。なんと、トレーニングをしていなくても、筋トレをしている自分を想像するだけで、少し筋肉が刺激されるそうです。

頭の中で意識するときは、できるだけリアルに考えることが大切です。とくに、トレーニングをしている最中は、「ここに利かせているんだぞ」と思いながら鍛えるとよいでしょう。特定の部位に力が入っているか、ときどき触りながら確認するのもよいかもしれません。

上半身の部分痩せがしたいなら、腹筋運動をするときに、痩せたい部位のことを深く考えてあげるとよいでしょう。今までとはまったく違うトレーニング効果が得られるはずですよ。
 
 

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン