インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

乾燥対策で素肌美人へ

  • その他
乾燥対策で素肌美人へ

寒い季節になると、腕や足・膝など肌がカサカサして痒くなったり

肌荒れを起こす方も多いと思います。

この時期は、外と中の気温の差が激しく、お肌の乾燥対策に苦労しますよね。

そこで今回は乾燥を防ぎ、肌を美しくするコツをお教えいたします!

 

【1】最重要は保湿

肌が乾燥してしまうと、肌の老化のスピードが進んでしまいます。

乾燥を防ぐには、たっぷりの化粧水で水分を与え、蒸発しないように

乳液でフタをします。保湿を更に効果的にするには肌の状態に合わせて、

美容液をプラスすることがポイントです。

忙しくて余裕が無い!という方は、目元だけでもお手入れは細かめに

お手入れしましょう。

*顔の中でも目元の皮膚はとても薄いので、ハリや弾力が失われやすく、

最も出やすいパーツなので、若々しさを保つ為にも肌を潤わせておく

必要があります。

また、洗顔後や入浴後は3分以内に保湿ケアを始めましょう。

水分は時間と共に失われていきますので、早めの対策が重要です。

 

【2】ストレスは大敵

健康な肌は、約28日周期でターンオーバー(新陳代謝、肌の生まれ変わり)を

繰り返します。このターンオーバー中に肌ストレスがかかると

新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌量が減り、

ニキビや肌荒れ・乾燥の原因になります。

この周期が乱れると、肌に余計な表皮が付く「角質肥厚」が起こり、

本来の肌がもつ保湿成分が失われてしまいます。

潤いを保つ為にもストレスは溜め込まないよう、気分転換を心がけましょう!

 

【3】食べ物を見直してみよう

私たちは無意識に、好きなものを多めに摂り過ぎてしまいますよね。

そこで、意識して摂って欲しい成分を含む食品をご紹介致します。

 

セラミド…角質層の水分を保持する働きがあります。

セラミドを多く含む食品は

大豆・小麦・ヨーグルト・生姜・コンニャクなど

 

ビタミンA…皮膚の潤いを維持する働きがあります。

卵・ウナギ・乳製品など

 

乾燥する季節…と思ってそのままの状態でいると、肌のバリア機能も

日に日に失われ、刺激に敏感に反応しやすくなってしまいます。

乾燥からしっかりと肌を守り、潤い肌をキープして素肌美人を目指しましょう!

関連記事

Page Top

体験プラン