インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

今度こそ痩せる!抜くより“選ぶ”食事制限とは?

  • 食生活
今度こそ痩せる!抜くより“選ぶ”食事制限とは?

皆さん、ダイエットがなかなか上手くいかないお悩みを抱えていませんか?ダイエットといえば、まずはカロリーを抑える食事制限から始める方が多いと思います。でも、実はそれだけでは不十分というのはご存じでしたか?

こんにちは、広報担当の元井です。

今回は、食事制限+αの本当に痩せるためのダイエット方法について聞いてきました。

広報担当

ダイエットをするにあたり食事制限はどんな点に注意すべきですか?

エステティシャン

ダイエットにおいて食事制限は大切です。毎日の食事を必ず消費カロリー以下におさえることは、ダイエットの基本といっていいでしょう。食後、血糖値がゆるやかに上昇し、満腹感が持続しやすい低GI食品もおすすめです。

広報担当

低GI食品にはどのようなものがあるのでしょうか?

エステティシャン

グリセミック・インデックと呼ばれるGIはすべての食品に含まれ、GI値は「糖に変わるまで血糖値の上昇度」の事を示すのですが、たとえば、穀物ならば精白されていない方がGI値は低くなります。白米よりも玄米、白パンよりも全粒粉パンの方が低GIなのです。

広報担当

痩せるためには「何を食べるか」なのですね。「どう食べるか」によっても違いが生じますか?

エステティシャン

もちろんです。たとえば、フルーツはジュースにせずに丸ごと食べるのをおすすめします。ジュースにすると食物繊維が砕かれたり取り除かれたりするので、その分、糖質の割合が高くなってしまうからです。

また、食後のフルーツは血糖値を急上昇させ、高GI食品のような働きをします。できるだけ間食にすることで、血糖値の急な上昇を防ぎましょう。

広報担当

GIを抑えた食事制限さえきちんとすれば痩せるというわけですか?

エステティシャン

必ずしもそうは言えません。たとえば、お尻の下や太腿などにつきやすいセルライトは食事制限だけで落とすことはできないのです。

広報担当

セルライトの正体って何なのでしょうか。

エステティシャン

セルライトと脂肪細胞がる水や老廃物を取り込んで肥大化したものです。脂肪細胞は毛細血管や毛細リンパ管などに囲まれていますが、新陳代謝が悪化すると、血管やリンパ管からあふれた不要なものを引き寄せてどんどん大きくなっていきます。

広報担当

セルライトは見た目が凸凹しているのはなぜですか。

エステティシャン

肥大化した脂肪細胞同士が結びつき、表皮や真皮を押し上げて肌の表面に凸凹として表出しているのです。

広報担当

イヤなセルライトを撃退するにはどうすれば良いのでしょうか。

エステティシャン

もちろん、セルライト対策として食事制限もひとつのポイントとなります。新陳代謝をアップさせるビタミンB群を多く含む食品、カプサイシンを含有する唐辛子を料理に取り入れると良いでしょう。しかし、すでにできてしまったセルライトは食事内容の見直しだけでは除去できないので注意しましょう。

広報担当

食事制限の他にどんなことをしたら良いですか。

エステティシャン

たとえば、毎日の生活の中に適度な運動を取り入れましょう。とくにセルライトが集中しがちな下半身の血行を良くするような運動がおすすめです。ウォーキング、お尻歩きなど、とにかく下半身をよく動かすようにしてください。

広報担当

なるほど、セルライトを退治するには食事制限にプラスして運動が大事というわけですね。その他、セルライト除去に役立つ方法はありますか?

エステティシャン

マッサージも良いでしょう。マッサージで脂肪そのものを減らすことはできませんが、リンパ液や血流を改善するので、セルライトのような組織にアタックするには欠かせないといっても過言ではありません。

広報担当

おすすめのマッサージ法を教えてください。

エステティシャン

まず、足の裏を押します。
次に足首から膝下まで雑巾を絞るようにマッサージしていきましょう。
リンパ液が集中するリンパ節がある膝裏はとくに念入りにマッサージするようにしてください。
たまった老廃物を流し込むようにマッサージしましょう。

広報担当

毎日のバスタイムの習慣などにしてみたいですね!本日は貴重なお話をありがとうございました。


ダイエットを成功させるには、セルライトの撃退は必須です。そのためには食事制限だけではなく、運動やマッサージも必要になってきます。毎日コツコツと続けてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Page Top

体験プラン