インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

あなたのダイエット法、間違ってませんか?

  • その他
あなたのダイエット法、間違ってませんか?

ダイエット…それは女性の永遠の悩みの一つです。

時期に関わらず、日々ダイエットに励まれている方も多いと思います。

そこで今回は、よく間違えやすいダイエット(BMI値)についてと、

食事の摂り入れ方で効果的に痩せやすいオススメな食べ方をご紹介致します!

 

●BMI(ボディ・マス・インデックス)とは?

WHO(世界保健機関)で定めた肥満判定の国際基準の計算法で、

標準体重を算出する一般的な方法として「BMI」を用います。

BMIは体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)で簡単に計算出来ます。

BMI=22となる体重が理想の標準体重と言われますが、これは日本が定めた平均的な基準値ですので、必ず基準値・基準体重にならなくてはいけないという事ではありません。

●基準体重よりも下の方が痩せてスリムに見える?

女性は特に体重やBMIの値を気にしがちですが、BMIの標準体重よりも下回った体重は

実は身体に良くありません。BMIを気にして急激に体重や脂肪を落としてしまうと

脂肪が無くなった身体に皮膚が対応出来ず、シワやたるみが出来やすくなり、スリムで美しい身体を作るどころか、かえって老けて見えてしまいます。

このように間違ったダイエットをしていると、かえって太ってしまったり

体調を崩すこともあります。

健康的なダイエットは3食きちんと食べる!

ダイエットをする人は、食事制限でダイエットが出来ると思ってはいませんか?

つい1食抜いたり、食事の量を減らしたりしてしまいがちですが、

今まで摂っていた食事を急に減らすと、身体が次に食べる時間までの

エネルギーを蓄えておかなくてはと思い、カロリーをあまり消費しなくなります。

更に「1食抜いた分も…」と、食事の量が無意識に多くなり、

カロリーを多めに摂ってしまいます。

また、食事制限を急に始めるとホルモンのバランスが崩れ、

逆に太りやすくなってしまいます。

そこで、効果的なのは3食きちんと食べる事です。

「野菜」を食べ始めに摂り、いつもの食事のなかで「発酵食品」を

出来るだけ食べる様にすることです!

野菜はカラッポの胃にも刺激が少なく、最初に余分な脂質等を吸収しないので、痩せやすい身体になります!

また、味噌、納豆、鰹節、キムチ等の発酵食品の中には善玉菌を増やし

腸内環境を整えてくれるので、便秘予防、血中コレステロール値の低下、免疫力を高めるなどの効果があります。

痩せやすい身体をつくる為にも、3食きちんと食べながらのダイエットを試してみてくださいね!

 

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン