インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

低燃費で得するのは車だけ!プチ筋肉質ボディで痩せやすい体質になろう!

  • その他
低燃費で得するのは車だけ!プチ筋肉質ボディで痩せやすい体質になろう!

最近、ベテランエステティシャンがこんなことを言っていました。「低燃費でお得なのは車だけ!ボディまで低燃費だと痩せやすい身体からほど遠いよね~」。

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

脂肪が燃えやすく、痩せやすい“高燃費な身体”がのどから手が出るほどほしいわたくし…。今回は痩せやすいボディを作るためのノウハウについて、ベテランエステティシャンに教わってきましたよ!

Q:この前うかがった“低燃費は車だけで十分”という一言は、まさにダイエットの金言だと思いました…。
A:少ないカロリーで動けるようになる低燃費ボディ、いわゆる基礎代謝が低い身体では、ダイエットが成功しにくく、痩せやすい体質になれないのでメリットがないんですね。筋肉をしっかり付けて、基礎代謝を上げることが大切です。

Q:けれども、ムキムキの筋肉質のボディビルダーみたいな体型にはなりたくないです…。
A:女性でそのようにおっしゃる方が多いのですが、大丈夫です!ボディビルダーやいわゆる筋肉質なマッチョ体型の方は、毎日食事に気を遣って、かなりのハードメニューをスポーツジムでこなしています。食事制限も「チャーハンやラーメンなんて、何年も食べていない」という厳しいものですし、スポーツトレーナーなど専門家の指導を受けながらダンベルなどを使った筋トレをこなしているからこそ、ムキムキの筋肉質の身体になれるんです。

女性が自宅で行う筋トレやお仕事帰りにスポーツジムに行く感じでは、ボディビルダー体型にはなろうと思ってもなれないので、ご安心ください。女性が筋トレをすると、肩こりが解消されたり、むくみが取れたりすることから効果が現れることが多いです。長く続けているとお腹がへこんだり、ウエストラインがすっきりしていく女性が多いです。

Q:ダイエットしたい人には、嬉しい効果ですね!ところで、基礎代謝の高い“高燃費ボディ”を目指すには、どれぐらい運動を続けたらいいんでしょうか?
A:筋肉が1㎏増えるごとに、50キロカロリーのエネルギーを新たに消費できるようになるといわれています。一説には筋肉を1㎏つけるには、4か月ほどのトレーニングが必要だそうです。筋肉量はスポーツジムで測定できるところが多いので、エクササイズを始める期間の最初に調べておくとよいですよ。筋肉量が増えていくと、脂肪を燃やしやすくなるだけではなく、仕事の疲れが取れやすくなるという研究結果があるそうです。

仕事の疲れは中枢性疲労(ちゅうすうせいひろう)といって、神経が疲れてしまうこと。

神経の疲れは血流の悪さが原因となっているので、全身の血流を良くする筋トレは仕事の疲れをスッキリさせてくれるんです。仕事帰りに運動って辛そうだなと思う人が多いのですが、実は逆に疲れがスッキリして、気分も爽快になることが多いんです。ウォーキングやリズム・テンポのある運動はセロトニンという神経を活性化させ、心と身体を元気する効果がが「気分までスッキリ」するそうです。

Q:ダイエットにいいだけではなく、ストレスを軽減させて、疲れにくい身体になるなんていいことづくめですね!

A:ただ、頑固なセルライトを落としたいときは、運動だけでは効果が上がりにくい傾向があります。運動しながら、セルライトを解消するマッサージに通うのがベストな選択肢。運動によってセルライトが落ちやすくなるので、相乗効果が期待できるからなんです。当サロンで行っているリンパ排出のための全身オールハンドマッサージも、仕事による中枢性疲労を取り除いて心身共にスッキリするので、毎日忙しく仕事に追われている方にもぜひお試しいただきたいですね。

ありがとうございました!私もオールハンドマッサージと筋トレの相乗効果で、今度こそ痩せやすい身体づくりを目指したいと思います。ダイエット目的だけではなく、心身共にデトックスして、スッキリしたいなら当サロンまでご相談ください!
 

関連記事

Page Top

体験プラン