インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

内側から元気に

  • その他
内側から元気に

暑い日が続いてますね。気温も温度も高いと、何もしていなくても疲れやだるさを感じてしまいます。

少しでも身体をクールダウンさせようとつい冷たい物を手にしてしまう季節ですが、実は摂り方ひとつで疲労感を増やしてしまうこともあるんです!

なぜ身体を冷やすための水分で疲労感が増してしまうのか皆さんは知っていますか?

夏に冷たい物を多く摂ると、内臓の温度が下がり胃腸の消化力と吸収力を格段に落としてしまいます。内臓はたった1回でも温度が下がると、腸内で温度調節が上手くできなくなり、代謝が落ちてむくみやすくなったりと、健康な身体を維持できなくなってしまうのです。

また、腸の働きが低下すると便秘や免疫力低下を引き起こしやすくなります。

夏は身体にこもった熱を発散させたり、冷房などの冷えから身体を守る為に自律神経が活発になりその上、代謝もよくなるので一年で一番体力を使う季節といわれます。気が付いたら夏バテ!なんて事にならないよう身体の内側からも元気で過ごせる、日常生活の中で意識すると効果的なポイントをご紹介します。

生ものを食べる時は加工・加熱する!

生ものは水分が多く身体を冷やしてしまうので出来るだけ温めて食べて下さい。また、副交感神経の働きが優位になる夜は避けて日中の活動量の多い時に食べる様にしてみて下さい。

冷たい飲み物はすぐには飲みこまず、少し口の中で噛むように!

冷たい物をすぐ飲みこむと身体の内側が冷えてしまう為、口に含んだ時にすぐには飲みこまず、ゆっくりと飲むことで水分の温度が変わり内臓の負担も減ります。また、口の中が冷たくなることで清涼感にもつながります。

お腹を手で擦って腸のマッサージをしてみよう!

腸の活動を促すと不調も改善され身体の調子も良くなります。マッサージの方法として、時計まわりに円を描くようにお腹全体をさすってみましょう。おへその下の腸の辺りは少し強めに圧をかけても大丈夫です。

ただし、痛くない程度の強さで擦ってくださいね!これからが夏本番です!体調に気をつけて、元気に乗り切りましょう!

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン