インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

冷え性の体質改善には筋トレ!

  • 冷え
冷え性の体質改善には筋トレ!

パルトネールマネージャーの藤田です。

冷え性は多くの女性の悩みですが、解決法としては体質改善をするしかありません。今日は冷え性気味の体質を改善するための筋トレを紹介します。

【そもそも冷え性とは】

よく混同されますが冷え性と低体温は違います。冷え性とは実際の気温が寒かろうと暑かろうと異常なまでに冷えを感じる状態のことです。手先、足先などの末端が冷たくなっていてひどいケースではしもやけができてしまいますが、体温を測定するとおおむね正常です。

一方、低体温は平熱が35℃以下など、文字通り体温が低くなっている状態です。低体温は内蔵などの体の奥まで冷えていますが、冷え性は体の末端のみが冷えている状態ということができます。

【冷え性の原因となる体質は】

人間の身体は熱を外に逃がさないように皮膚の血管を収縮させる働きがあります。手先、足先での血管収縮反応が何らかの理由で長引いてしまうと血流が滞り冷えを感じるようになります。これは体温を調整する自律神経の乱れによって引き起こされると考えられています。自律神経を整えるためにもストレス少なく毎日を過ごすことも大切です。

冷え性体質にはそういったメンタルの影響もありますが、フィジカルな要素の方がより大きいともいわれています。単純に筋肉が少ないために熱をうまく産出できず冷え性になっている人も少なくありません。とくに女性の冷え性は筋肉が少ない体質由来のものが多いのです。

【体質改善のための筋トレ】

冷え性の改善には筋肉をつけて基礎代謝の高い体質に改善するのがひとつの非常に有効な方法です。人体の筋肉の約80%は下半身に集中しています。したがって、冷え性の体質改善には下半身を中心とした筋トレがおすすめです。

下半身の筋トレといえばスクワットです。スクワットでは太腿の前「大腿四頭筋」、太腿の裏「ハムストリングス」、お尻の「大臀筋」などを鍛えることができます。いずれも大きな筋肉なので効果は絶大です。

スクワットは「頭を手の後ろに組み、太腿が床と平行になるまで腰を落としては元の位置に戻すのを繰り返す筋トレ」と、多くの人が認識していると思われます。しかし、じつは細部まで必要ないくつかの注意について解説します。

【スクワットの注意点】

まず「膝はつま先から出ないように」とよく注意されますが、必ずしも守る必要はありません。足首が硬いと膝を引っ込めようとしてかえって背筋が丸くなってしまいます。背中を丸めてしまうとスクワットの効果は出なくなってしまうので、背筋をピンとさせるためには膝の位置は多少前後しても良いのです。

たとえばつま先に重心がある時はどうしても膝が前に出てしまいます。膝をひっこめるのは傷めないようにするためです。たとえ膝が前に出ていても重心が太ももなど別のところにしっかりとかかっているならば問題ないのです。逆にいえば、腰を落とした時に膝ではなく太ももが一番プルプルしている姿勢がベストポジションというわけです。

スクワットとはただ上下運動をくりかえすことが目的ではありません。必ず腿とお尻の筋肉に負荷がかかるようにしなければ意味がないのです。最初のうちは慣れないかもれませんが、太腿のまわりの筋肉に触れながら、筋肉をちゃんと使っているか確かめながら続けるようにすると良いでしょう。

【筋トレの効果をアップさせる食事と睡眠】

筋肉は筋トレ中に形成されるわけではありません。筋肉は寝ている間に修正・増強されているので、たっぷりと睡眠をとることも大切です。

また、筋肉の素になる良質のタンパク質も積極的に摂取しましょう。牛モモ、牛ヒレは筋力アップを促進するクレアチンを多く含むのでとくにおすすめです。また、良質な脂質を含む鮭、必須アミノ酸をバランス良く含むたまごも良いでしょう。

筋トレと正しい睡眠・食事で冷え性体質を改善しましょう!
 

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン