インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

冷え改善の他にやることは何?関節の痛み対策を部位ごと解説!

  • その他
冷え改善の他にやることは何?関節の痛み対策を部位ごと解説!

横浜店副店長の大村です。「寒くなると関節が痛む…」そんなお悩みを抱えている人も多いと思います。

冬場に痛みが出る原因は冷えと、そこから来る血行不良と言います。しかし、ただ身体を温めればOKというだけではありません。実は、部位によって対策方法も異なるので、今回はそれぞれの対策方法についてご紹介します。

【肩の対策はマッサージと環境改善】
肩は筋肉が冷えたり緊張したりすると、血管が狭くなってしまいます。デスクワークの方が肩の関節を痛めるのは、こうした原因から発症するケースが多いようです。

肩を温めるには、適度なマッサージが効果的。簡単に首や肩を揉むだけでも十分でしょう。また、肩をぐるぐる回すのもよいと思います。
部屋の明るさや机と椅子の高さを意識するのもポイント。身の回りの環境を変えるだけでも、肩の関節はずいぶん楽になるはずです。

【腰の対策は適度な休憩と下半身からの温め】
腰は長時間同じ姿勢で座っていると痛くなりやすい部位です。筋肉のハリや痛みは、ドライバーやデスクワークの方が訴える症状でしょう。
有効な対策は1~2時間ごとに休憩をはさみ、簡単なストレッチや散歩をすること。それだけでも十分に楽になるはずです。

また、下半身を温めるのも有効。ひざかけを使う、カイロで温めるなどの対策をしましょう。もし、自宅に居る場合は足湯や半身浴をするのもいいかもしれません。

【ひざの痛みはサポーターや温湿布】
ひざは歩くだけでも関節の軟骨がすり減るので、痛みを感じやすい部位です。ダイエットするだけでも痛みは軽減されます。
すぐにできる対策はサポーターで負担を軽減したり温湿布を貼ったりすることです。ひざ周辺を温めることが何よりの対策になると思います。

これらすべてに共通することは、冬場の関節の痛みは冷えが大きく関係しているということ。つまり、血行を促進し、温まりやすい身体になれば、悩みの多くが解消されるのです。

冬場の寒さに負けないボディを目指しましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン