インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

噛めば噛むほど痩せやすい体質に!?痩せたいならよく噛もう!

  • その他
噛めば噛むほど痩せやすい体質に!?痩せたいならよく噛もう!

関内店のチーフ・青山です。「食事はしっかりよく噛んで食べましょう」誰でも一度はそんな言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

実はよく噛むことは、子供の顎や歯の成長を助けるだけではなく、痩せたいという人が痩せやすい体を作るためにも非常に重要なことなのです。ではなぜよく噛むだけで痩せやすくなるのでしょうか?その理由を詳しく探ってみました!

「咀嚼」(そしゃく)は満腹中枢を刺激する!

毎日の食事で摂取するエネルギーが、生活の中で消費するエネルギーを上回ることで脂肪は蓄えられます。ということは、沢山運動して消費エネルギーを増やすか、または摂取するエネルギーを大きく減らすことができれば痩せるというわけです。

しかし現実問題、なかなかそう簡単にはいかないものですよね。そこで「よく噛む」というキーワードが非常に重要になってきます。人間の体には満腹中枢というものがあります。満腹中枢は血糖値の上昇を感知し、もうお腹がいっぱい、必要なエネルギーを摂取できましたよ、ということを判断する器官です。

咀嚼をすると脳内でヒスタミンという物質が分泌され、満腹中枢を刺激します。だからこそ噛めば噛むほど早くお腹がいっぱいになって、食べすぎを防いでくれるので、結果的に痩せやすい体を作ることができるのです。

しかもヒスタミンには内臓脂肪を燃やす力もあるそうなので、痩せているけど体脂肪率が大変なことに…という方は、痩せたいと思うならよく噛むことを意識するといいかも知れませんね。

噛むことで食事ペースを落とす

よく噛んで食べる、ということは、当然早食いをするよりも食事に時間がかかります。

満腹中枢は血糖値の上昇を感知すると先に出てきましたが、食事を食べ始めてから実際に血糖値が上がるまでは、大体20分程度はかかるとされています。食べるのが早い方でも、沢山噛むようにするだけで、自然と食事にかける時間を長引かせることができるのです。

忙しい日常の中、よく考えると朝ご飯や昼ご飯はそれほど時間がとれず、さっさと食べてしまっている方も多いことでしょう。しかし痩せるという観点から考えると、沢山の量を短い時間で食べてしまうよりも、少し量を減らして、その代わりよく噛んで食べる方が痩せやすくなるということがわかりますね。

血糖値が上がる前に食事を終えてしまうと、なんだが物足りなくなって余計に食べてしまうこともあります。痩せたいと思うなら無駄に多くの量を食べることを予防するためにも、噛むことは大切です。

どのくらい噛めばいいの?

ではどのくらい噛めば痩せやすくなるのか?というところですが、こちらは食材を一口含むごとに30回を目安にすると良いとされています。30回という数字だけ見れば、それほど多い回数には感じないかも知れませんが、普段自分がどのくらい噛んでから飲み込んでいるかを数えてみると、意外と30回も噛んでいないことが分かるかと思います。

30回どころか10回程度しか噛まずに飲み込んでいた、なんていう方もいることでしょう。早食いのクセがある方は、たくさん噛む習慣がつくまで少し大変ですが意識しながら食事を摂るようにしたいですね。

食事にも工夫を

噛むことを意識することも大切ですが、沢山噛むためには食事そのものへの工夫もしていきたいところです。例えばうどんやそばなどの麺類は、のどごしを楽しむようなところもあるため、咀嚼回数は自然と減ってしまうとされています。確かに柔らかい分噛まなくても飲み込めてしまいますよね。

ですから麺類を食べる時には麺の量を減らし、その代わり野菜を多く入れるようにしたり、できるだけコシの強いものを選ぶようにするなど、何かしら噛む回数を増やすような食べ方をするのも一つの手です。お米も白米だけではなく、噛みごたえのある玄米を混ぜると、カロリーも抑えられるので一石二鳥になります。

噛めば噛むほど痩せる、それは満腹中枢と大きな関りがあります。ダイエットと言えば食事制限が定番ですが、無理に量を減らしてつらい思いをするよりも、沢山噛んで無理なく少ない食事で満腹を感じられる方がいいですよね。

やることは1つ「噛むだけ」です。すぐに挑戦してみましょう!

関連記事

Page Top

体験プラン