インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

塩分不足によっても引き起こされるむくみ

  • その他
塩分不足によっても引き起こされるむくみ

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいる…という経験をしたことがある方は多いはず。

こんにちは。プレステージ広報担当の元井です。

むくみに悩んでいる方は多いと思いますが、多くの場合むくみの原因はお酒の飲みすぎだったり、塩分の取り過ぎだったりすることが挙げられます。でも、実は塩分が不足してもむくみが起きてしまうことがあるんですよ!

今回は、塩分不足で起こるむくみについて聞いてみましょう!

Q.塩分不足はむくみの原因になるって本当ですか?
A.むくみは体内のナトリウムとカリウムのアンバランスが原因ですが、カフェインの取り過ぎやストレスによってカリウムが不足してしまうという“むくみ”が起こる事もあります。身体はその状態を塩分の取り過ぎと勘違いして水分を溜めどんどん悪循環に陥りバランスも崩れてしまいます。

Q.塩分の多い食事はむくみの原因と聞いたことがあるのですが…
A.確かにそれは間違いではありません。塩分は水分を身体に溜め込もうとする働きがありますから、体内のナトリウム濃度が高ければ高いほど水分は溜まりやすくむくみやすくなります。しかし、塩分が不足し過ぎてもむくみの原因になってしまいますから、ほどよく摂取しなくてはなりません。

Q.なるほど、ほどよく摂取することが大事なんですね!具体的にはどれくらいが良いんでしょうか?
A.ナトリウムは一日に2400ミリグラム程度を目安にすると良いでしょう。小さじ一杯くらいです。

Q.おすすめの食べ物などがあれば教えてください!
A.塩分を過剰に摂取し過ぎているという場合はカリウムが沢山含まれるバナナやアボガドなどがオススメです。塩分は大抵の食品に使われていますから特にどれが良いということもありません。ただ、むくみを防ぐにはバランスが大切ですから、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどをバランス良く摂取することが大切です。

塩分不足によってもむくみが起きてしまうというのは驚きでしたね!やはり極端なのはダメということでしょう。むくみに悩んでいる方はバランス良くカリウムやナトリウムなどを摂取するよう心がけましょう。
 

関連記事

Page Top

体験プラン