インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

夏vs冬!痩せやすい季節はどちら?

  • その他
夏vs冬!痩せやすい季節はどちら?

パルトネールマネージャーの藤田です。よくお客様から、「夏と冬、どちらが痩せやすいですか?」と尋ねられます。なんとなく、夏のほうが痩せやすいというイメージがある方は、この冬、大きく損をしていると考えられます。じつは、夏よりも冬のほうが圧倒的に痩せやすいです。今回は、その秘密をご紹介します。

【冬よりも夏が痩せやすいと思われる原因】
一般的に、夏は身体が活動的になり、汗をたくさんかくことから痩せやすいと考えられます。一方、冬は動物だったら冬眠期に入るくらいで、代謝は下がってしまうのではないかと考える方も多いようです。しかし、現実はまったく異なります。

夏は気温が高いので少ないエネルギーで活動することができますが、冬はそうはいきません。放っておいてもエネルギーを消費してしまうので、痩せやすい季節だと考えられます。

なぜ、冬のほうが太りやすいかというと、動くのがおっくうになってしまう人が多いからです。寒くなると、できるだけ動きたくないという人もいると思います。身体を動かす機会が少なくなるから、つい太りやすいのだと勘違いしてしまうわけです。

【冬のうちに有酸素運動をしよう!】
冬は痩せやすい季節であることがわかりました。では、冬のうちに運動をするなら、何がいいのかというと、やはりジョギングやウォーキングといった有酸素運動です。運動によって身体を動かすだけで、夏よりも多くのカロリーが消費できるはず。一度身体が温まれば、気持ちよく走ることができると思います。

「外に出るのがおっくうになるほど寒い」とお考えの方は、事前に部屋でストレッチと筋力トレーニングをすると効果的です。ストレッチや筋力トレーニングで身体が温まってから外に出ると、寒さを感じずに走ることができます。とくに、十分なウォーミングアップで身体が温まり、筋力トレーニングを済ませていると、脂肪を燃やす成長ホルモンの分泌がよくなります。有酸素運動をして痩せたいと考えている方には、一石二鳥の準備運動だと言えます。

【成長ホルモンを促す筋トレの種類】
「筋力トレーニングなら何でもいいか」というと、じつはそういうわけでもありません。できる限り大きな筋肉を動かすトレーニングをすることが、成長ホルモンの分泌を促すためには効果的です。

一番有効なトレーニングは、やはりスクワットでしょう。身体のなかでも最も大きな筋肉であるハムストリングスを中心に、下半身の筋肉を動かすからです。成長ホルモンを分泌するにあたって、高い効果があるのではないかと考えられます。ただし、今からジョギングしようと考える方にとって、下半身のトレーニングはハードすぎるかもしれません。

ジョギングをする前の筋トレとして有効なのは、腕立て伏せをはじめとした大胸筋のトレーニングか、背筋のトレーニングではないでしょうか。これらは大きな筋肉を動かすので身体も温まりますし、成長ホルモンの分泌を促す効果も期待できます。

【寒い季節の運動はケガに注意】
ここまでご紹介したとおり、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動の流れが、最も痩せやすいトレーニングだと考えられます。ただし、痩せやすい季節だからといって、冬の運動はケガのリスクが伴います。身体が十分に温まっていないと、筋肉や関節にムリな負担を掛けてしまうからです。とくに、普段運動していなかった方は、よりケガのリスクが高いといえるでしょう。

「冬は寒いのに、毎日こんなに運動する時間もとれない……」とお悩みの方は、エステで痩せやすい体質を目指すのもよいかもしれません。私たちは、施術や日々のアドバイスを通じ、身体の内側からキレイにしながら、皆様の痩せやすい身体作りをお手伝いさせていただきます。
 

関連記事

Page Top

体験プラン