インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

太ったらむくみが出る?その理由とは?

  • むくみ
太ったらむくみが出る?その理由とは?

新人エステティシャンのサキです。

朝起きたら顔がパンパンに浮腫んでいる!朝出たときはなんとも無かったのに、夕方になったら足が浮腫んで靴がキツイ!そんな風に、女性にとって浮腫みは切っても切り離せない問題ではないでしょうか。

このむくみ、実は太るとさらに出やすくなってしまうんです!太る上に浮腫む。最悪ですよね…!一体、どうして太るとむくみがでてしまうのでしょうか?

むくみのメカニズムとは

まずはむくみとは何かというのを知る必要があります。むくみの正体は、細胞と細胞の間に溜まった水分です。本来、細胞間の水分は、リンパ管からリンパ液として体内を循環し、静脈に渡って排出されていきます。

この時に、一緒に栄養分や老廃物も一緒に流しているんですが、このリンパ液や静脈の流れが滞ってしまうと、余分な水分や老廃物が身体の不自然なところに溜まり、むくみを生じさせてしまいます。ですから、浮腫みやすいところというのは、リンパ液や血行の流れが滞りやすく、余分な水分や老廃物がたまりやすい箇所ということになります。

むくみの原因は?

アルコールや塩分の摂りすぎ、カリウム不足、女性ホルモンの影響、筋肉を使わないこと、太ることなどが浮腫みの主な原因となります。筋肉は血流ポンプの役割を持っているので、筋肉量が少ないと、身体の血液や水分がしっかり循環することができず、余分な水分がにじみ出てしまいむくみを生じさせてしまいます。

よく夕方になると足がむくんでしまうのは、ふくらはぎの筋肉量が足りず、足先から心臓に血液を循環させる力がない為、余計な水分が足に溜まってむくんでいるわけです。なので、足のむくみを解消しようと思ったら、ふくらはぎの筋肉をつけることが根本治療となります。

男性より女性の方がむくみやすいのは、このもともとの筋肉量の違いが影響しているんですね。

そして、太るとなぜむくみが出てしまうかと言いますと、脂肪で身体の面積は大きくなり、リンパ液の流れも血の巡りも悪くなるのでむくみを生じさせてしまうのです。血流やリンパの流れが悪いと、代謝も悪くなり、すると消費カロリーも少なくなるため、太りやすい身体になっていくと言えます。

ですから、太るとむくみやすくなる上に、さらにどんどん太りやすい身体になっていくというバッドスパイラルに巻き込まれていってしまうわけです。

むくみを解消するには?

・リンパマッサージをする
・血行が悪くなるようなキツイ服やハイヒールなどは極力避ける
・甘いもの、塩分、アルコールは控える
・バランスのいい食生活を心がける
・身体を冷やさないようにする
・運動をして体を動かしリンパの流れをよくする
・タバコは血行が悪くなるので吸わない
・家に帰ってきたら、足を高い位置に持ち上げる

などなど色々な方法があります。

特にリンパマッサージは普段からやる習慣を身につけておくとよさそうです。

鎖骨のくぼみ、首、胸、ひじ裏、指先、お腹、ひざ上、ひざ裏、足首、つま先はリンパ液が滞りやすい部分です。特に鎖骨のくぼみは「身体のゴミ捨て場」という異名を持つほどに、体内を流れるリンパ液が最後に集まる老廃物のたまり場になっています。

ここの流れが悪いと、どんなに他の部分のリンパの流れが良かろうと鎖骨部分で滞ってしまうので、鎖骨のくぼみのリンパマッサージは普段からこまめにやる習慣をつけておいた方がよさそうです。

まとめ

むくみの原因は、リンパ液や血行が悪いことによってちゃんと循環されずに漏れてしまった余分な水分や老廃物ということが判明しました。

確かに太ったら、循環が悪くなりそうなのは想像がつきますよね…。

太ると身体に脂肪が溜まる、むくむと身体に水分が溜まる。そりゃ身体も重くなるわけです。普段から浮腫みにくい身体作りを意識していきたいところです。

関連記事

Page Top

体験プラン