インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

太ももの脂肪を燃焼させるジョギングの方法とは?

  • 太もも
太ももの脂肪を燃焼させるジョギングの方法とは?

こんにちは。プレステージ町田店、チーフの青山です!ほっそりとした脚にあこがれている女性は多いと思います。脚がほっそりとしていれば、ミニスカートやショートパンツをカッコよく履きこなすことができますね。さらに、レギンスやストレッチデニムなど、ファッションの幅が広がります。

しかし、なんとも皮肉なことに太ももは脂肪が付きやすく、ダイエットしても痩せにくい部位なのです。そこで、太ももの脂肪を効果手的に落とす方法についてお話したいと思います。太ももの脂肪を落とすためには、スロージョギングがおすすめです。

スロージョギングが効果的

太ももの脂肪を落としたくてジョギングしたら、筋肉が付いて余計に太くなってしまった…、という経験はないでしょうか?そう、運動量を増やそうと、思い切り走ってしまうとムキムキと筋肉が付いてしまうことがあります。

筋肉はある程度付いていた方が良いのですが、ほっそりとしたプロポーションを手に入れるためのジョギングであれば筋肉はあまり発達させたくないもの。その場合、筋肉があまり付かないスロージョギングが良いでしょう。

スロージョギングがおすすめな理由は他にもあります。脂肪を効果的に燃焼させるためには、激しい運動よりもスロージョギングのような有酸素運動がいいのです。有酸素運動とは、普通に呼吸しながら続けられる運動のことです。早歩きやサイクリング、水泳も有酸素運動のひとつ。できれば毎日20分を目安に行ってみましょう。

ジョギング時の姿勢について

太ももの脂肪を落とすためのスロージョギングは、正しい姿勢を意識して行うことが大切です。姿勢が間違っていると、ひざを痛める原因になってしまいます。また、間違った姿勢によって筋肉がアンバランスに付いてしまうこともあります。

ジョギングをするときの正しい姿勢についてお話します。ジョギングをするときは、上半身をピンと起こし、前のめりにならないようにしましょう。腹筋と背筋に力を入れ、おへそを意識し、重心を体で感じとりながら走るといいでしょう。

腕は、肘を軽く曲げて後ろに大きく振ることを意識します。これは背中の贅肉解消の効果が期待できます。また、足を前に出すときに、同じ側の骨盤が前に出るように意識するとよいでしょう。このような正しい走り方は、骨盤の歪み矯正にも効果が期待できます。

筋肉は脚を細くするのに必要である

これまで運動をあまりしていなかった場合、スロージョギングを始めると、いったん太ももが太くなることがあります。これは、足りない筋肉が付いたから。しかし、太ももにある程度筋肉が付くのは良いことです。筋肉は脂肪を燃焼してくれるからです。

太ももに筋肉が付いた後、脂肪が燃焼されて徐々に細くなっていくことも期待できます。筋肉を付けたくないからといってまったく運動をしないよりも、ある程度筋肉を付けて、脂肪が燃焼しやすい体質へと変化させていくのは良いことだといえます。

無理せず楽しく走ろう!

ここまでで、太ももの脂肪を燃焼させるためには1日20分のスロージョギングが良い、ということについてお話しました。いきなり20分が無理なら10分でもいいですから、とりあえず始めてみるのはいかがでしょうか?また、毎日が無理なら1日おきに始めてみるのもいいでしょう。挫折しそうになっても、また始めればいいのです。


運動は始めるときこそおっくうになりますが、習慣になれば楽しくなってくるものです。太もも痩せの効果が見え始めたら、さらにやりがいを実感できることでしょう。スロージョギングだけでなく、水泳、サイクリングをプランに組み入れるのもいいかもしれませんね。さあ、さっそく今日から始めてみましょう!

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン