インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

太ももをメインに痩せたい!オススメの運動や筋トレを紹介します!

  • 太もも
太ももをメインに痩せたい!オススメの運動や筋トレを紹介します!

こんにちは。新人エステティシャンのミナコです。

ふと油断するとすぐについてくる脂肪は、日々のダイエットで落としていくしかありませんよね。なかでもキュッと締まった太ももは憧れの対象です。ここでは、太もも痩せに効果的なダイエットをご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

太ももとお尻を同時に鍛える体操

太ももを細く見せたいのであれば、手軽に出来るこの体操はかなりお勧めといえるでしょう。太ももの裏の筋肉を鍛え上げ、同時にヒップを引き締めることによって、重力に逆らった形でもヒップが垂れないようにしていくことで、360度どの方向から見ても長くてすらっとした太ももを目指します。

バレエの選手のように壁によりかかり、しっかりと運動が出来る空間を確保します。
壁と対面してまっすぐ立ち、壁に両手をついて身体を支えましょう。
片方の足を後方にまっすぐ、挙げられるところまで挙げていきます。
限界まで挙げたら、辛いでしょうがここでしばらくキープをしましょう。
10秒ほどキープしたらゆっくりと下ろしていきます。

コツとしては、身体を出来るだけやわらかくして高く上げるためには、足を上げながらゆっくりと息を吐いていくことですよ。このとき、背中が足の運動と一緒に丸まったり極端に反らないよう、少し力を加えてきれいな直線を意識していきましょうね。

10回から始めてだんだん数を増やしていけるとよいでしょう。

スクワットで簡単に太ももを引き締める

太ももに直接負荷をかけるといったら、皆さんご存知スクワットです。

頭に手をのせ、足を肩幅にひらきます。
身体が前のめりになったり反ったりせず、地面と垂直に維持できているのを意識しながら、一番下まで確実に屈伸していきましょう。
そして、再度背中が曲がらないようにしながら引きあげていきます。

スクワットをすると逆に足に筋肉がついてしまうのではないか、と不安になる人もいるでしょうが、適度な筋肉というのは非常に大切です。

脂肪で太る傾向のある人は、スクワットによって引き締め効果を得ることが出来ますから、太くなる前に引き締まった自然な細さを得ることが出来るでしょう。決して無理をしすぎず、10回からはじめてみましょう。

過度に回数を増やしていくのでなければそこまで太くなることもなく簡単にできますから、非常におすすめです。

太ももの脂肪を柔らかくし、血行を良くする

純粋な運動とはまた違った方法としては、できるだけ足の脂肪などを効率的に燃焼するためにマッサージを受けることもお勧めです。長時間座っていたり、運動不足が祟っていると、太ももまわりの血流やリンパの流れが滞って、脂肪がつく原因となってしまいます。

このため、下半身を中心としたマッサージを受けることによって、効率的に脂肪燃焼が行えて、正しく筋肉群に栄養がいくようにすることができます。

特にリンパマッサージは、老廃物もしっかりと押し流してくれますから、無駄にセルライトなどが蓄積することを防いでくれ、同時に身体全体の調子を良くすることにもつながります。是非実践してみましょう。

過度に細くしすぎないことも大切

ここで、ひとつ大きな注意があります。それは、いくら美脚を目指しているからといって、太ももを過度に細くしすぎないようにすることです。人間は生活していく中で全身の筋肉を使っていますが、特に大きな筋肉を中心として、身体の代謝をコントロールしています。

人間の筋肉のなかでもっとも大きな筋肉、それが太ももの筋肉に他なりません。美脚を目指して細くしたつもりが、代謝のバランスが崩れて脂肪が逆に燃えにくくなったり、ホルモンバランスの乱れからの生理不順、周りの環境の温度変化に弱くなって冷え性になる、などの影響が出てくることもあります。

そうした兆候が現れた場合には、明らかに痩せすぎであることも多いため、身体の機能をコントロールしている中心である、ということを忘れずにダイエットをしてみてくださいね。


こうして見ていくと、意外と簡単な体操が多いことがわかります。運動ではありませんが、マッサージも大切であることがわかりますね。是非これらの知識を生かして、健康的な美脚を手に入れてみてください。

関連記事

Page Top

体験プラン