インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

寒い冬は代謝UP!でも、冬に痩せやすい人とそうでない人がいるのはなぜ?

  • 代謝を上げる
寒い冬は代謝UP!でも、冬に痩せやすい人とそうでない人がいるのはなぜ?

新人エステティシャンのカナです!冬になると、どうしても体重が増えやすいわたし…。ただ、エステティシャン仲間には「冬は寒いから痩せやすいよね」という人が多いんです!冬太りしてしまうわたしと、逆に冬に痩せやすい人の何が違うの~?という素朴な疑問をいろいろ調べて検証してみました!

冬には基礎代謝が上がる!

ある調査で、1~2月の真冬は8月などの真夏よりも代謝率が上がることが明らかになりました。そもそも、人間の身体は原始時代から何も変わっていないそうです。原始時代には冬でも暖房やストーブがあるわけではないので、外が寒いほど身体はがんばって体温を上げようとあらゆる努力をします。

身体がブルブル寒さで震えるのも、体温を一定に保とうとする恒温動物の性質からくるもの。つまり、基礎代謝を上げて、体温を上げることで寒さをしのごうと身体が動いている証拠ともいえます。昔から乾布摩擦や寒中水泳が実践されているのは、皮膚を外気にさらすことによって、基礎代謝を上げることが健康によいということがわかっていたからでしょう。

基礎代謝が上がるのに、冬太りしてしまうのはなぜ?

冬は脂肪をできるだけ付けて、身体を寒さから守ろうとします。冬太りしてしまうのは、この脂肪を蓄積してしまう身体のシステムが影響しているのです。そもそも、原始時代は現代のようにラーメンやシチュー、お寿司があったわけではありません。冬で動物が少なく、穀物も少ない季節だったからこそ、少ないカロリーでも餓死しないように脂肪を蓄えることで身体を守っていたのです。

冬太り対策としては、まず食べ過ぎを防ぐことが大切です。今、俳優の鈴木亮平さんが実践していることで話題の“千切りキャベツダイエット”はおすすめの方法!キャベツに含まれる不溶性食物繊維は、満腹中枢を刺激してくれます。そのため、食事の前に千切りキャベツを食べておくと、早めに満腹感をおぼえやすくなるのです。キャベツはビタミンCが豊富で、胃の粘膜を保護するビタミンUが含まれているので、美容と健康にもよい食材です。

上級者向け!医師も推奨する冷水シャワーってなに?

実際に冬に痩せやすいエステティシャン仲間には、冷水シャワーを実践している人がいました。これは医師である南雲吉則先生が紹介しており、寒中水泳の代わりに免疫力や基礎代謝を上げる健康法として話題をよんでいます。ただ、冷え性の女性には、冬に冷たいシャワーを浴びるのは苦痛になってしまいます。

女性の場合、半身浴でしっかりと身体を温めたあとに実践してください。冷水シャワーは温度差によって血管を収縮させ、体温を身体の内側に閉じ込める方法だからです。ポイントは冷たすぎて、思わず息が止まってしまうような温度にしないこと。

いくら身体によい健康法でも、ストレスになってしまっては意味がないからです。シャワーでは冷たすぎると思うので、洗面器などで冷えやすい手足の先などだけ水をかけてもいいと思います。冷え性が解消される効果もあるので、手足のむくみが気になる日だけ行ってもいいでしょう。

冬のお鍋のときにできるちょっとした工夫とは?

豆知識として、冬太りを防ぐお鍋の食べ方をご紹介いたします。方法は“締めの雑炊を我慢する”ことです、お鍋はお肉や魚の油を落とすことができるヘルシーな調理法なのですが、締めの雑炊には旨味とともに脂もしっかりと溶け込んでいます。雑炊をプラスしてしまうと、せっかく落とした脂をあますことなく吸収してしまうことに…。

「お鍋の締めの雑炊だけはやめられない~」という人は、ダイエットしたいときだけ実践するか、お鍋を食べた後にちょっと薄めの格好でウォーキングするようにする…という方法があるそうです。ただし、バランスの取れた食生活があってこそ継続しやすいので、無理や我慢をし過ぎない姿勢も大切にしてくださいね!

関連記事

Page Top

体験プラン