インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

専門家に聞く!足や腕痩せのポイントとは?

  • トレーニング
専門家に聞く!足や腕痩せのポイントとは?

足をきれいに細くするために、さまざまな方法が出回っています。しかし、実際には身体の筋肉も痩せてバランスが崩れてしまったり、体調をくずしてしまったりとなかなか難しいものです。

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

そこで、今回は、足や腕痩せについて専門家にインタビューをしてきました。ぜひ参考になさってくださいね!

Q. よくダイエットで足や腕痩せが難しいとききますが、それは一体どうしてなんでしょうか。
A. 足や腕というのは、さまざまな体の部位の中でもその部分だけを選択的に痩せさせようというものです。当然、多くの方は無駄な肉を落とすためにランニングをはじめ有酸素運動をがんばって行いますが、激しい運動は続きにくいということがあげられます。

また、筋肉がしっかりついてしまうと、逆に理想的なほっそりとした足や腕を得られにくくなるという理由も存在します。

Q. 運動をして、逆に足や腕が太くなることもあるのですか?
A. 本来、運動をすることによって脂肪を燃焼し、減らすことが目的ですが、当然使えば使うほど筋肉も増えていきます。

さらに、筋肉を鍛えた場合、はじめにくるのが筋肉痛です。誰しも経験しますが、これは激しい運動によって足の筋肉が一時的に傷つくことで起こります。傷ついた足は当然腫れてきますから、どちらかというと腫れて一回り大きくなった印象を受ける方もいるでしょう。

Q. では、激しい運動はご法度ということですか?
A. そうとも限りません。足に負荷をかける=筋肉痛は免れませんが、その修復をしっかりと時間をとってあげることで、足や腕の筋肉が回復し、より引き締まりほっそりとした印象を与えることができます。運動をした後、少なくとも数日は安静にすることで筋肉が修復されて腫れが収まるでしょう。

これをしっかりと行うことによって、足や腕の筋肉を太くせず、最小限で引き締まった足になることができます。

Q. なかなか難しいのですね・・・正しく運動を行うには一人では知識もないし、どうしたら良いでしょうか?
A. そういうときこそ、トレーナーの出番です。ジムや健康サロンなどにいるトレーナーさんを是非活用してください。足や腕の状態、全身のバランスお考えて対応してくれます。

また、激しい運動に向かない足の状態も判断してくれるはずですよ。

Q. 運動しても痩せないことがあるということですか。
A. 多くの人は足や腕に脂肪がついて太く見えていることが多いと考えられます。しかし、中には足に水が溜まっていてむくんでいるケースもあります。歳を重ねた方や、内代謝の疾患を持っている方、またがんなどで手術を受けたことのある方は、比較的末端に水が溜まりやすい人もいます。

そういう方は激しい運動よりも、血流を良くして末梢から体幹へと正しく組織液がながれるようリンパの流れを調整することが主軸となりますからね。

Q. 勉強になります!では、運動で痩せる場合、どういった運動がオススメなのでしょうか?
A. 主に下半身を鍛えたり、足や腕を伸ばす運動が良いと考えられています。ストレッチの場合には、太ももやふくらはぎ、足首や腕などを重点的に鍛えられるものを行いましょう。

また、足の付け根である骨盤体操を導入することで、太ももが引き締まって細く見える効果があります。ランニングやウォーキングなども良いですが、かなり体力を使いますのでビギナーは続かないかもしれません。上半身とのバランスを考えながら体を整えることを忘れないでください。

足や腕を細く見せるといっても、色々なダイエット方法があり、理論的にも奥が深いですね。どんな方法を取るにしても、しっかりと対策をしていくことが大切ということが分かりました。

ありがとございました!

関連記事

Page Top

体験プラン