インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

日常生活の中でできる二の腕痩せの方法。肩こりも解消!

  • 二の腕
日常生活の中でできる二の腕痩せの方法。肩こりも解消!

こんにちは、パルトネール溝の口店、副店長の石井です。二の腕が太くなる原因の一つに猫背があるのをご存知でしょうか?いくらエクササイズをしてもダイエットをしても、普段の姿勢が悪いままでは二の腕のたぷたぷは解消されません。二の腕を細くするには、猫背姿勢を改善することが必要です。

また、姿勢を直すだけではなくエクササイズをすることも大切です。ただし、エクササイズで二の腕を細くするのは簡単ではありませんが、常に二の腕の筋肉を意識することで効果が出やすくなるでしょう。今回は、日常生活の中でできる二の腕痩せエクササイズを紹介します。

通勤途中でできる二の腕痩せエクササイズ

毎日の通勤時間にできる二の腕痩せエクササイズを紹介しましょう。やり方は、腕を90度に曲げ、後ろに引き上げるだけ。ポイントは肩甲骨から腕を出すようにし、前ではなく後ろに腕を振ることです。腕を引き上げる際に、二の腕の筋肉が刺激されていることを意識しましょう。

また、腕を引き上げるとき、肩を上げないように気をつけてください。肩が上がってしまうと二の腕への刺激が弱くなってしまいます。腕を横に振らずに、脇の下に空間ができないように腕を振ると良いでしょう。このエクササイズは歩きながらできるので、腕を動かすスペースがあれば実践してみてくださいね。

お風呂の中で二の腕ねじり

血行がよくなるお風呂の中でできる二の腕ストレッチもおすすめです。方法は次の通り。

1. 体の横で腕を下に伸ばし、両方の手の平を外に向けて広げます
2. 手の平を外側に向けてできるところまでゆっくりねじります
3. その状態を5秒キープして元に戻します

腕をねじることで二の腕の筋肉が刺激され、血液やリンパの流れがよくなります。自然と肩甲骨の動かすことになるので、背中のストレッチにおすすめです。肩こりや首こりの改善にもつながります。

オフィスでは猫背解消を意識する

日中、座って仕事をする人も多いでしょう。パソコン作業が多いと知らないうちに背中が丸まりやすくなってしまいます。猫背の姿勢は肩甲骨周りの筋肉を硬くしてしまい、血行が悪くなってしまうことも。背中の血行が悪くなると二の腕の血行も悪くなり、老廃物や余分な水分が排出しにくくなり、脂肪がつきやすくなってしまいます。

猫背は肩こりの原因にもなります。日常生活の中で正しい姿勢をキープすることが大切です。イスに座っているときには、お腹に力を入れて背筋を伸ばすことを意識しましょう。長時間の作業をしていると、ついお腹や背中の力が抜け猫背になってしまうので、イスに深く腰掛けた方が背中を伸ばしやすくなります。

また、こまめに肩甲骨を動かしましょう。肩甲骨のストレッチをすることで肩こり予防にもつながります。


余分なお肉がついていないスッキリした二の腕は女性の憧れでもあります。二の腕痩せトレーニング特集などの記事は数多くありますが、なかなか継続するのは難しいものです。日常生活の中でできるエクササイズであれば毎日、簡単に続けることができるでしょう。少しずつでも、毎日行うことが二の腕痩せにつながります。

セルフケアでうまくいかない方へ。

自分だけでは痩せられないという方はやはりプロにお任せするのが一番です。

これまで約9万人の女性の美をサポートしてきた実績を持つインドエステサロン プレステージ・パルトネールでは、気になる部位を集中的にケアする「脂肪集中ケア ボディメイクプラン」を期間限定でご体験いただけます。

通常17,420円のところ、今ならなんと平日価格4,500円でお試しいただけるまたとないチャンスです。ぜひお試しください。

  • この記事を書いた人

  • 最新の記事

プレステージ 広報部

プレステージ 広報部

創業30年の実績を持つ老舗エステサロンの熟練エステティシャンが、ご自宅でのケアや食生活なども含めた美のノウハウをご提供いたします。

関連記事

Page Top

体験プラン