インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

理想の太ももが手に入る!脂肪を落とす方法とは?

  • むくみ
  • 太もも
理想の太ももが手に入る!脂肪を落とす方法とは?

こんにちは、プレステージ・パルトネール マネージャーの畑野です。

私達の店舗にも「太ももを細くしたい!」という希望をお持ちのお客様が大勢いらっしゃいます。しかし、ダイエットの効果が出にくい部位でもあるので注意が必要です。太ももの脂肪を落とすにはどんな方法が有効なのか紹介しましょう。

部分やせは不可能?

「部分やせは不可能」という人もいますが、太ももに関しては必ずしもそうともいえません。なぜならば、太ももというのは、ふくらはぎの次にむくみやすい場所なので、むくみを解消しただけでワンサイズダウンも可能なパーツだからです。

あわせて筋肉を付けることで、脂肪を燃焼しやすくし太ももがギュッと引きしまる場所でもあります。

むくみの正体と解消法

人体の細胞と細胞の間は細胞間質液という液体で満たされています。この細胞間質液を媒介して、細胞に酸素が運ばれ、細胞からの老廃物が外に出されているのです。役目を終えた細胞間質液は血管へ吸収されたり、リンパ液から外に排出されますが、このメカニズムに狂いが生じるとむくみが発生してしまうのです。

下半身の静脈の流れは基本的に重力に逆らう形になっているため、とくに注意しなければいけません。

足のむくみを取り除くには、たとえば足湯がおすすめです。血行促進と水圧の効果によってリンパの流れを改善することが期待できます。また、寝る時には足元にクッション等を置き、心臓よりも高い位置をキープすることも効果的です。

規則正しい睡眠を取り、ストレスを和らげる効果のあるカルシウムを摂取して、自律神経を整えるようにしましょう。逆にむくみを促進するナトリウムを過剰摂取しないようにするため、塩分の摂り過ぎには注意してください。

筋肉を付けて脂肪を落とす

太ももを細くしたいと考えて、せっかくついている筋肉まで落としてしまうダイエットはおすすめできません。筋肉の衰えが、よりむくみの原因となります。太ももの脂肪を落とすにはある程度の筋肉がポイントなのです。引き締まった美しい太ももを作るためにも筋肉は欠かせません。

そこで、太ももの筋肉をつけるにはスクワットがおすすめです。

まず肩幅に足を広げ、足先はやや外側を向けて、背筋を伸ばして視線は前方に置きましょう。
息を吸いながら地面と腿が並行になるまで膝を曲げ、息を吐きながら膝を伸ばしきらない程度にゆっくりと立ち上がります。
これを1日に10回、慣れてきたら20回、30回とチャレンジしてみましょう。

注意しなければいけないのは、間違ったスクワットは膝を痛める原因になるという点です。必ず膝はつま先と同じ方向に曲げ、つま先よりも前に出さないことがポイントです。「膝を曲げる」というよりも「お尻を後ろに引く」とイメージし、猫背にならないようにすることで正しいスクワットができるでしょう。

また、スクワットは有酸素運動ではないので、これだけでは脂肪を燃焼させる効果はありません。有酸素運動であるジョギング、ランニングなども併用して、筋肉を付けながら脂肪を落とすようにしましょう。


いかがでしたでしょうか。

太ももの脂肪を落とすにはむくみの解消と筋肉を鍛えることが効果的です。しかし、自己流ではむくみを改善できないばかりか、膝を痛めるような筋トレをしてしまうこともあります。

ダイエットの効果が出にくい・セルライトが目立つ場所ということもあり、プロのエステテシャンにまかせて欲しい部位でもあるのです。太ももをどうにかしたいとお困りの方は、ぜひ当店でプロのエステテシャンによる施術を試してみてはいかがでしょうか?太ももの脂肪を落とすためのマッサージを体験いただけます。

「今度こそ理想の太ももを手に入れたい!」と、考えている人もぜひご相談ください。

関連記事

Page Top

体験プラン