インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

生理後はヤセ期?痩せやすい理由とは?

  • その他
生理後はヤセ期?痩せやすい理由とは?

皆さん、生理周期を利用したダイエットがあることはご存知ですか?

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

実は、生理後は痩せやすい、ダイエットの効果を実感しやすい「ヤセ期」です。経験上「確かに!」と、思った人も少なくないでしょう。今日はなぜ、生理後は痩せやすいのかその理由から伺いたいと思います。

Q. 生理後に痩せやすい理由を教えてください。

A. 生理が終わって次の排卵期までの約2週間は、エストロゲンという女性ホルモンが優位になっています。エストロゲンは別名「痩せホルモン」とも言われています。

新陳代謝を活発化させる働きがあるため、余計な水分や脂肪を体外に排出しやすくなるのですが、生理後に分泌が増え、排卵日にピークを迎え、その後急速に分泌が低下してしまいます。このようにエストロゲンの分泌量が生理周期によって変動することが、生理後に痩せやすい大きな理由です。

Q. なるほど。確かに排卵日から生理前までは逆に太りやすいようにも思います…。

A. 仰る通りです。排卵日から生理前までは水分も脂肪も体にたまりやすい状態になっています。生理中はエストロゲンがもっとも少ない時期でもあり、ダイエット効果も停滞しがちです。だからといって、ダイエットを放棄してしまうのはおすすめできません。

もともと脂肪がつきやすくなっている時期なので、生理後以上にカロリーを注意する必要があります。また、何日か後にやってくる「ヤセ期」に向けての準備をしっかりとしておきましょう。この時期どう過ごすかによって「ヤセ期」をいかすことができるかどうか決まるといっても過言ではありません。

Q. 生理前からできる「ヤセ期」に向けた準備にはどのようなものがありますか?

A. とにかくこの時期は「痩せホルモン」のエストロゲンの分泌量が落ちています。体内でエストロゲンのような働きをする食物を積極的に摂取して補うようにしましょう。

たとえば、おすすめは豆乳です。生理開始の1週間ほど前から豆乳を毎日飲むことをおすすめします。

豆乳は腸内で脂肪の吸収を抑制し、血中コレストロール濃度を低下させる効果も期待できます。生理前はとかく体重が増えやすい時期ですが、豆乳を上手に活用すれば体重増加をゼロにすることもできます。つまり「ヤセ期」をより有利にスタートさせることができるというわけです。

Q. ダイエットのためのストレッチなども生理中からした方がいいですか?

A.いいえ、生理中には無理な運動はあまりおすすめできません。この時期にするストレッチはダイエットのためというよりは、身体をリラックスさせるものを取り入れるようにすると良いでしょう。

たとえば、おすすめは腹部の軽いストレッチです。
まずかかとをおしりのワキに置くようにして、くずした正座をします。背筋を伸ばして深く深呼を10回繰り返します。次につま先を持ちながら、そのまま後ろに倒れます。頭を床につけ、腰のあたりは浮かせた状態をキープします。そのまま10回深呼吸をした後に、もとの姿勢に戻ります。これを、5セットを目標に繰り返します。

また、正座をしたまま、両手を上に伸ばした体勢で前に倒れ、両手を床につけます。ひれ伏したままの姿勢で10回ほど深呼吸した後、ゆっくりと上体を起こします。これを5セットほどリピートします。

これはストレス解消のためのヨガのポーズにヒントを得たストレッチですが、生理痛にも効果があるといわれています。

ありがとうございました!ストレスなく身体を休める事も大事なのですね。

生理後が「ヤセ期」なのは「痩せホルモン」であるエストロゲンの分泌がさかんになるからなのですね。そして、その「ヤセ期」を最大限にいかすには、生理前をどう過ごすかも非常に大切なのです。

そうとはいっても、生理中に無理なダイエットや運動は禁物です。心と体のバランスをとりながら、生理周期を活用してキレイにダイエットしてみませんか?

関連記事

Page Top

体験プラン