インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せたいけどビールは飲みたい!ダイエットとビールの関係性

  • その他
痩せたいけどビールは飲みたい!ダイエットとビールの関係性

痩せたい・ダイエット中でもビールを飲んでしまうという方も多いのではないでしょうか。仕事が終わった後、キュッと飲めるビールは格別ですよね。

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

しかし、アルコールを我慢するのは難しい。そこで今回はダイエットとビールの関係性について聞いてみました。

Q. やはりダイエットしたいならビールは飲まないべきでしょうか?

A. そうですね。アルコール飲料であり、特にビールなどには多くの成分が含まれていて、肥満になってしまう可能性も高いです。また、ビールを飲む方の多くが、合わせて間食もしてしまうことが多いですよね。おつまみとして枝豆やスナック菓子を楽しむ方もいます。

ビールは依存性もある飲み物ということで、生活に馴染んでしまっている方も多いです。完全に断酒するということは、まず難しいのがビールの特徴なのです。実際にダイエットを決意している方の中にも「今日はご褒美だ」と言ってビールを飲んでしまっている方もいるでしょう。

Q. 確かに!仕事が終わるとほっとしてしまって、ついビールに手が伸びてしまうこともあります。ただ、1本くらいなら良いのではないでしょうか?

A. たしかに、●㎏まで体重が落ちたからご褒美に1本飲むのは良いと思います。

ビールを1本飲むだけで太るということは少ないかもしれませんが、毎日飲み続けると肥満体型になることは確実と言えます。人間の身体の約7割近くは水分でできているため、摂取する水分が多ければ多いほど、太ってしまうのも事実です。

実際に水太りという言葉があるように、人間というのは水分によって太るということも多いのが特徴なのです。ダイエットしたいということであれば、ビールをやめて他の飲み物にすることをおすすめします。

要は、身体が清涼飲料水を求めているだけなのです。ただ、ジュースにも糖分などが多く含まれているため、飲み過ぎはダメです。飲むなら野菜ジュースや酵素ドリンクなど、健康に良いものを選ぶ必要があります。

Q. 少しなら良いけれど、沢山飲んでしまうというのはダメということですね!でもビールは飲みたいという気持ちは大きいままです。どうすれば良いですか?

A. 痩せたいけどどうしてもビールは飲みたい場合は、他のドリンクで代用することをおすすめします。ビールには糖質や糖分なども含まれていますし、飲み過ぎるとカロリーも相当なものとなってしまいます。他のドリンクで代用できるようであれば、他のものを利用してみましょう。

タバコと一緒で、吸わなくても良いのに吸いたくなるというのが人間の欲求です。ビールも本来は飲まなくても問題はなく、習慣となっている為飲まないと落ち着かない身体になってしまっているのです。

まずは、その習慣から改善していきましょう。

Q. そうですね!ダイエットとビールは深く関係していて、飲めば飲むほど太ってしまうということですもんね。それなら違う飲み物を試してみようと思います。

A. また、せっかくダイエットしたとしても、カロリーの1/3が糖質と言われるビールを飲めばそのダイエットの効果も意味がなくなってしまいます。意外とビールは太りやすいですし、近年は様々なカロリーオフ商品が出ているものの、それだけで痩せると言うことは難しいです。

適度に運動しながら、ビールの量を少しずつ減らしていくことが必要となるでしょう。もちろん、無理に断酒するとストレスが溜まって、その反動が大きくなってしまうこともあるので、無理なく減らしていくことが重要です。

やはりビールを飲むと太るというのは事実のようですね。仕事終わりにキュッと飲みたくなるだけに、我慢できないという方も多そうです。その場合は、違うドリンクにして見ると言うのも良いのかもしれませんね。

関連記事

Page Top

体験プラン