インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せたいのに痩せられない!ダイエット中のイライラの原因と解消法

  • その他
痩せたいのに痩せられない!ダイエット中のイライラの原因と解消法

こんにちは、新人エステティシャンのヒナコです!気合を入れてダイエットを始めたはいいけれど・・・食事制限や運動、痩せたいという気持ちが強いので、ダイエット中は色々と考えることがあってイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。

ここでは、ダイエットとイライラについてご紹介していきます。

ダイエット中はなぜイライラするの?

ダイエット中、食事を制限するとなぜイライラするのでしょうか。もともと、人間という生き物は、現在のように何不自由なく食べ物に囲まれて生活していたわけではありません。

必死の思いで狩りをし、何日も食べられなかったり、厳しい冬を乗り越えたりと、色々な努力をしてきたおかげで、食事や栄養の欠乏に対して危機と判断するよう、遺伝子レベルで出来上がっているそうなのです。このため、いわば生命に直結する「食事を抜く」という行為に対して、さまざまな精神的な反応が起こりイライラしてしまうんです。

イライラは女性に多い

職場でも家庭でも、女性の方がイライラしている光景を見ることが多くありませんか?実は、男性に比べて女性は、右脳と左脳をつなぐ脳梁が太い、という特徴をもっており、さまざまな事柄に対して感情的な結びつきが強い脳の構造となっています。

このため、生命の危機の際にこうしたイライラの症状が特に女性にでてくるのは、きわめて理にかなったことといえるでしょう。

イライラはカルシウム不足が原因ではない!

イライラするなんてカルシウムが足りないのではないか、という話を良くききますが、実のところカルシウムでいらいらは抑えることはできないそうです。確かに血中のカルシウムイオンが不足すると、精神状態に影響を与えることはありますが、どちらかといえば、それはホルモン代謝が疾患的に不足していたりするケースであり、もっと重篤な筋痙攣などが起こるようなものです。

糖分を少し取るだけで改善する

実際に食事が欠乏していると、イライラするということと関連してみても、糖分が足りない場合は、とくにイライラすることが多いように感じます。糖分というのは、唯一脳が直接使用することのできる純粋なエネルギー源であり、これが欠乏するということはすなわち脳機能が低下してしまうということです。

このため、食事、とくに炭水化物が不足していると、イライラすることは現実的にも、理論的にも非常に理にかなっていますよね。

キシリトールでの糖分摂取は避けよう!

いくらダイエットをしたいからとはいえ、決定的に欠乏状態になるまでダイエットをするくらいならば、迷わず糖分を摂取するべきです。少し糖分を摂取することで、だいぶ落ち着くことができるのであれば、まったくとらないでイライラしているよりも格段に生活の質は向上しますし、結果的にダイエットは長続きするでしょう。

また、今は人工的な甘味料としてキシリトールなどの糖分も開発されていますが、キシリトールは残念ながら腸内で吸収することができません。気分的には砂糖を摂取したつもりになり、プラシーボで満足することはあっても、根本的に解決していませんから、本物の砂糖を少量取るのは非常に大切なことなのです。

イライラを抑えて健康的に痩せよう

いかがでしたか?ダイエットとイライラの関係が理解できたでしょうか。痩せるために好きな食べ物を我慢するのは、とても辛いですよね。自分が、美味しいと感じられる食べ物は、日頃のストレス発散にもなりますし、元気のもとにもなります。

ですので、痩せたい気持ちは分かりますが、無理にすべてを絶つのではなく、自分の身体と上手く付き合いながらイライラを抑えてダイエットを実施していきましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン