インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せたい人必見!停滞期を乗り越えるには?

  • その他
痩せたい人必見!停滞期を乗り越えるには?

ダイエットに励む人は、時代や老若男女を問わず多くいらっしゃいます。そんなダイエットを行う間、避けては通れないのが停滞期。

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

ここで脱落してしまう人がほとんどであることをご存知でしょうか?今回はダイエットと停滞期についてインタビューをしてきました。

Q. まずダイエットの停滞期ってどういうものでしょうか?
A. 停滞期とは、ダイエットを始めてそれまで順調に体重が減っていたのに、その減りがとまってしまう時期のことをいいます。

なぜこの停滞期がおこるのかというと、人間の身体には恒常性=ホメオスタシスとよばれる機能が備わっているためです。ダイエット(痩せる)ということは、いってみれば身体にとっては非日常の事態であり、身体としては、同じ毎日を送っていたのに、急に栄養不足になってしまったと感じます。

人間の身体は、体重が減少する状態を防ぐため、より栄養の吸収効率を上げようと、体内に蓄積しやすい環境を作り出します。また、筋肉も分解してしまいますから、栄養を蓄積しやすく、エネルギーを消費しづらい状態となるんです。

Q. なるほど、体重がどんどん落ちていくのを察知できなかったら、もしも病気とかの場合に、餓死しちゃいますもんね・・・人間の身体ってすごい。じゃあ、停滞期をなくすっていうのは、ちょっと難しいのですか?
A.停滞期が来ないようにするというのは、人間の身体の根本的な法則に反するので難しい事でしょう。ただ、停滞期とは、粘り強く耐えることで必ず抜けることができるものですので、そこで頑張り抜くことが大切です。

Q. 辛いダイエットがより辛く感じてしまうような話ですね。その停滞期というのはどれくらい続くのでしょうか。
A. もちろんこれにはもともとの体系や代謝の程度が関係してくるため、個人差があるといわざるをえません。ただ、多くの方の場合、ダイエットを始めて1、2ヶ月ほどで停滞期に突入する方がもっとも多いと思います。

この時期に自分自身のホメオスタシスと戦って、長い方でも1ヶ月前後で脱出することのできるケースがもっとも多いですね。

Q. 約1ヶ月ですか…それはある意味苦行の期間ですね。ちなみに、すこしでも早くその辛い停滞期を乗り越えるためにはどうすればいいんでしょうか。
A. 少しでも停滞期を短くするというより、これをやってしまうと停滞期が遷延してしまうというケースがあります。それは、特定の栄養素を抜いたり、完全に食事を絶つ断食をしてしまうケースです。特定の栄養素というのは、たとえば炭水化物や糖質を絶つものです。

炭水化物は体内で糖になるため、エネルギーカットとしては理想的ですが、多くの場合同時に含まれる食物繊維も摂取しています。これをカットしてしまうことで、腸内細菌の餌が減少し、自浄作用が減少してしまうといわれています。結果的に老廃物が蓄積し、効率よく燃焼できなくなる可能性があります。

また糖質については、もともと炭水化物をはじめ、もっとも主要かつ重要な栄養素であるため、身体は糖質の不足に非常に敏感です。糖質が不足することによってイライラしたり、集中できなくなったり、ひどい場合には日常生活に支障をきたしてしまいます。

このため、ダイエットを行うという局面で、非常に挫折しやすく、結局食べてリバウンドしてしまう可能性が高いのです。断食はいうまでもなく、栄養がまったく入ってこないわけですから、身体にとってはまさに危機状態です。ホメオスタシスを活性化して、停滞期が遷延するのを地でいく悪行といってもよいでしょう。

なるほど!効果があるといわれている「●●カットダイエット」や「ファスティング」なんかは、結果的に停滞期を長引かせてしまいがちなんですね。極端な栄養カットをせず、少ないながらもバランスのとれた食事を心がけながらカロリーを落としていくとよさそうですね。

停滞期とダイエットについて、少しは理解を深めることができたでしょうか。ダイエットをしている人なら誰にでも来る停滞期ですが、くれぐれも無理な栄養カットダイエットは避け、最小限のリスクでダイエットを成功させましょう!

関連記事

Page Top

体験プラン