インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せたい人必見!健康に痩せるための朝食の摂り方!

  • 食生活
痩せたい人必見!健康に痩せるための朝食の摂り方!

朝食は健康の源。朝ご飯をしっかり食べて、夜少なめにするというのがダイエットには効果的だと言われています。でも忙しい日々の中、朝ご飯は特に適当になりがちですよね。

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

アラサー会社員の私もその1人です。今回はダイエットに詳しいエステティシャンに、健康的に痩せるための朝食の摂り方について聞いてみました!

Q. 朝ご飯と言っても人によって食べる時間は違いますよね。健康的に痩せるためには、どのタイミングで朝食を摂るのが一番いいんでしょうか?
A. 朝食を摂るのはできれば朝起きてすぐではなく、白湯を一杯飲んでからのタイミングをおすすめします。寝ている間に汗として出て行った水分を補い、内臓の活動を助けてくれるからです。

特に便秘がちの方は腸の動きもよくなるので、朝食の前の習慣にしていただきたいですね。水分補給をしてから食事の支度を始め、起きて30分以上たったくらいで食べるようにするのが一番いいと言えるでしょう。

Q. まずは水分で体の調子を整えてから食べるのが1つのポイントなんですね!確かにダイエット中は便秘になりやすいと聞きますし、そのせいで痩せにくくなるのは怖いことです。では、痩せるための朝食に向いているメニューにはどんなものがありますか?
A. 痩せるための朝食はカロリーを抑えて満足感を得るために、和食中心で組み立てるのが理想的です。前日の残りでも構いませんので、主食・野菜・たんぱく質のバランスを考えながら、メニューを決めていきましょう。

忙しい朝には卵かけご飯と納豆、冷ややっこと海藻、野菜のサラダなど、脂肪が多すぎず手軽に食べられる定番メニューを用意しておくと便利です。ほかにもオートミールとヨーグルト、フルーツを合わせたものも、低カロリーで朝に必要な栄養や食物繊維をしっかり摂ることができます。

Q. 確かに毎日しっかり食べるのは大変かも…。でもヨーグルトとかフルーツもアリなら忙しい方でも続けられそうです!でも、やっぱり朝はあまり食欲がないのですが…。
A. 確かに、「朝は食欲がない」と朝食を抜かす方が多いようですが、痩せたいのなら朝食はきちんと食べることが大切です。

実は、朝にお腹が空かない理由は、前の日の夕食の量が多すぎたり、夜食を食べていることが原因と言われています。ですので、前日の夕食の量を少し少なめにしたり、夜食を食べる人は夜食をやめるようにしてみると、朝に食欲が出るようになります。

Q. なるほどですね!体質かと思っていましたが、そんな理由があったんですね。基本的にはお米や脂っこいものが好きなのですが、朝食もそのようなメニューでも良いのでしょうか?
A.痩せたいという気持ちが強い人は、炭水化物や脂っこいものの摂取を控える方がとても多いですが、朝食にカロリーが高い物を食べても、その後、動く時間が長いですので、脂肪として蓄積しにくいのです。ですので、朝食にしっかりと「ご飯」や揚げ物などを摂っても問題はありません。

そして、体を温めるお味噌汁やお吸い物などに、たっぷりと野菜を入れ、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。

ちなみに、和食中心のメニューだと、少しぐらい食べ過ぎてもカバーしやすいです。また、朝食を抜いて、空腹に耐えるような不健康なダイエットよりも、食べる時間やメニューを工夫したりすることで、太りにくい食事をお腹いっぱい食べる方が、ストレスも溜ることなく健康状態を維持したまま、ダイエットに成功する確率も上ります。

そうですよね!健康に痩せるためには、カロリーを抑えるのとバランス、それから食べるタイミングも大切だということがよく分かりました。皆さんもぜひ明日からでも実践してみてくださいね!

関連記事

Page Top

体験プラン