インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せやすい体を作る!代謝を高める生活習慣3か条

  • 代謝を上げる
痩せやすい体を作る!代謝を高める生活習慣3か条

おススメ体験プラン
★ 本気痩せ全身デトックスプラン ★

プレステージ横須賀店店長の小澤です。

ダイエットをしてもなかなか体重が落ちない、30代になってから太りやすくなった。こんなことでお悩みのあなたは、基礎代謝が落ちてしまった「痩せにくい体質」になっているかもしれません。代謝を高めて痩せやすい体になるための生活習慣をご紹介しましょう。

基礎代謝とは

基礎代謝とは、特別な運動をしなくても消費していくエネルギ—のことを言います。言い換えると、呼吸をしたり体温調節をしたりと生きていくために最低限必要な活動に使われるカロリーのことです。

基礎代謝は10代半ばをピークに年齢とともに低下していくのが通常ですから、若い頃と同じような生活をしていたら、すぐに太ってしまいます。10代や20代の頃は少しくらい食べ過ぎてもすぐにリセットできた人でも、年齢を重ねるに連れて体質が変わり、あっという間にオバさん体型になってしまうことは多いものです。

思い当たる節がある人も、代謝を高める生活習慣を意識的に身に付け、痩せやすい体へと改善していけば大丈夫!これを知ることなくしてダイエットを始めるなかれ、という代謝を高める生活習慣の秘密を早速順番に見ていきましょう。

規則正しい睡眠リズム

基礎代謝が高くてスリムな体を維持できる女性は、夜更かししないで早めに就寝、余裕を持って起床する正しいリズムができています。夜遅くまでダラダラ起きていることなく早めにベッドに入りしっかりと睡眠をとるので夜食を食べる習慣もなく、寝ている間に脂肪として蓄積される心配がありません。

十分な睡眠をとることは美肌を作る秘訣でもあり、ターンオーバーリズムが安定することによって、トラブルに悩まない理想的な状態を維持できます。また、早起きすれば朝の活動時間を確保できて、ウォーキングやストレッチなどダイエットに役立つ運動をすることもできますよね。

意識的に体を動かす習慣がないと年齢とともに筋肉が衰えていくのは、ご存知の通りです。朝の適度な運動が筋肉を維持してくれて、基礎代謝を高める効果も期待されます。こんなに良いことばかりの早寝・早起き習慣が自然にできることこそ、痩せ体質に変わる基本の「キ」です。

体を温める食事の工夫

基礎代謝が衰えた体は熱を産み出しにくく、冷えを解消することによって、痩せやすい体質に変わります。唐辛子やショウガ、シナモンといった血行促進作用が期待されるスパイスを効果的に活用し、冷えない体を作りましょう。

唐辛子がたっぷり入ったチゲ鍋、ショウガをきかせたスープなど、簡単に作れる代謝促進メニューはたくさんあります。シナモントーストやジンジャーミルクティーなら、朝ご飯にもぴったりです。ランチタイムは、アミノ酸豊富な鶏肉や豚肉、ビタミンBが豊富なイワシやサンマなどの青魚をメインにしたお弁当や定食が良いでしょう。

筋肉を維持するためには適度なタンパク質が重要ですから、間違った食事制限は控えてください。糖質を気にしてご飯やパンを極端に制限する方もいますが、エネルギー代謝がうまくできなくなることで、かえって太るリスクと隣り合わせ。必要な栄養素を過不足なく摂ることが、いつまでも若々しく美しい体を維持するために大切です。

お風呂につかってリラックス

疲れを翌日に残さずその日のうちにリセットするには、毎日の入浴習慣が役立ちます。代謝を高めるのはもちろんのこと、心身のコリをほぐしてストレスを軽減してくれるところもメリットです。

肩凝りや腰痛が気になる時には発泡タイプの入浴剤、何となく元気が出ない時にはお気に入りのアロマオイルをプラス。オレンジやグレープフルーツなど柑橘系の香りは憂鬱気分を吹き飛ばし、気分転換したい日にぴったりです。

暑い時期はシャワーだけで済ませてしまう人も多いのですが、シャワーだけでは内部から温める効果は得られません。エアコンが効いた室内で知らず知らずのうちに体が冷えることも多く、そのままリセットできないと、代謝が落ちる原因です。できるだけ湯船にお湯を張り、ゆっくりつかる時間をとることで、痩せやすい体を作りましょう。


早寝早起きに栄養バランスのとれた食事と入浴習慣。きれいな体を維持するためには当たり前のことばかりのように感じても、きちんとできている人は少ないものです。

改めて日々の生活習慣を振り返り、反省すべきことは少しずつ直して、理想のスタイルを維持しましょう。

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン