インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せやすい体質になる!?アーユルヴェーダ流の冬の過ごし方

  • その他
痩せやすい体質になる!?アーユルヴェーダ流の冬の過ごし方

新人エステティシャンのアヤノです♪
寒くて身体の冷えやすい冬。生理痛もきつくなりがちですし、なにかと過ごしにくい季節ですよね…。

先輩にそんな話をしていると、「冬はヴァータ(風)の季節だから、私達も気をつけないとね!」と一言。

ヴァータとは、アーユルヴェーダでは「風」のことを指します。
もちろん、一通りの知識はあるものの、新人エステティシャンとしては、まだまだ勉強が足りない!と感じたので、いろいろと勉強してみました!

●ヴァータ(風)を過剰にさせないためには?
アーユルヴェーダの考えでは、気温が下がる秋から冬にかけてはヴァータ(風)のエネルギーが強くなりがちだといわれています。
冬に身体を冷やすような生活を送ってしまうと、ただでさえ冷たくて、乾燥しているヴァータの性質を強めてしまいます。
そのため、冬には身体を温めて、身体を乾燥させないようにすることが大切なんです。

●シナモン&生姜が、身体を温める!
アーユルヴェーダでは寒い季節には、身体を温めるためのスパイスをよく用います。
代表的なスパイスは、シナモンと生姜です。

生姜は身体を温めることでよく知られていますが、シナモンはあまり知られていませんよね。
シナモンの原料であるクスノキ科の常緑樹は、漢方薬では桂皮(けいひ)・桂枝(けいし)とよばれています。

読んで字のごとく、皮を使う時は、桂皮。枝を使う時は桂枝です。
桂皮はシナモンのことなのですが、「桂枝」はなかなか耳慣れない言葉ですよね。

でも、意外と私たちの身近なお薬に使われていました!
ポピュラーな漢方薬である葛根湯の原料なんですって!

シナモンもそうなんですが、葛根湯にも身体を温める効果があります。
冬には身体を温めるスパイスであるシナモンや生姜を、お茶やお料理にどんどん取り入れていきましょう♪

●オイルマッサージで、身体を温める!
アーユルヴェーダでは、オイルマッサージによって体質改善され、過剰なヴァータをブロックしやすくなるといわれています。
身体を温める効果のある代表的な効果のあるオイルは、オリーブオイルです。

冷えが気になる部分をオリーブオイルでマッサージすると血行が良くなるだけではなく、毒素が輩出されやすくなります。
痩せやすい体質になりたい人にはぴったりなので、ぜひとも食事だけではなく、マッサージにも取り入れてみましょう!
身体を温めて、冬でも痩せやすい体質を目指していきましょう♪

関連記事

Page Top

体験プラン