インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せやすい体質作りのための秘密!?代謝を上げる●●足湯って?

  • 代謝を上げる
痩せやすい体質作りのための秘密!?代謝を上げる●●足湯って?

こんにちは、新人エステティシャンのマリです。
寒い季節に入って、“身体のコリ”を実感している人も多いのではないでしょうか?

ダイエットと身体のコリ、一見何の関係もなさそうですが、実は深い関係があるようなんです。身体のコリを解消すると、痩せやすい体質作りにも役立つんだとか!私なりにいろいろ調べてみた情報を、皆さまにもお伝えしていきたいと思います。

【あらゆる不調の元!?実は怖い身体のコリ】
冬は身体が冷えてしまうので、筋肉が凝り固まって、血管が収縮してしまいます。冷えが原因で血液循環が悪くなり、むくみに悩まされる人にもいらっしゃると思います。また、肩こり・首こり、目の疲れを感じやすくなることもあるでしょう。

身体のあらゆる部分に起こる不快な症状によって、不眠や頭痛などのさらなる不調を呼んでしまう可能性も否めません。血流を改善し、全身のコリを解消するには身体を温めることが一番です。

ご自宅に手軽にトライできる方法として、足湯があります。今回は身体を温める効果を強める足湯の方法を調べてきましたので、ご紹介していきたいと思います。

【デトックス効果のある“黒酢足湯”】
黒酢には体内の毒素の排出をうながすアミノ酸が豊富に含まれています。もちろん、飲んでもデトックス効果がありますが、皮膚から浸透して代謝機能をUPさせてくれます。代謝を上げることは、痩せやすい体質作りの基本なので女性にはうってつけだといえるでしょう。

用意するもの
・(ふくらはぎまでスポッと入るような)できるだけ深いポリ容器
※なければ、普通の洗面器や足湯用の容器でもOKですが、保温効果が弱くなります…。
・(両足をそのまま入れられるような)大きめのビニール袋
・ひざ掛け・タオル
・黒酢コップ1~3杯(200ml~500ml)
・足し湯用のやかんなど

1. 容器に少し熱めのお湯を入れてください。
2. ビニール袋に黒酢を入れてください。酸っぱい匂いが気になる方は、5倍程度に薄めてもOKです。
3. 椅子に座って、黒酢の入ったビニール袋に足を入れて、袋ごと容器の中に足を入れてください。容器に足を入れる前に、お湯の温度が熱すぎないか手で確認するようにしましょう。温度が下がってきたら少しずつ足し湯してもいいので、ご自身が気持ちいいと感じる湯加減でOKです。
4. お湯が冷えないようひざ掛けをかけて、10分~40分。時間は「身体が温まったな」「じんわり汗ばんできた」と感じるぐらいでOKです。

【黒酢足湯のダイエット効果とは?】
“黒酢足湯”の後は、しっかりと足をタオルでふき取るようにしてください。デトックス効果が高いので、容器の中に残っている黒酢の色を確認すると、排出された老廃物で黒っぽく変化する方もいらっしゃるようです。

「第二の心臓」といわれるふくらはぎまで温めるので、全身の血流循環が良くなります。足を芯からしっかりと温めるので、頑固な足のむくみの解消にぴったりだと思います。黒酢にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分も豊富なので、とても保温効果が高い食材なのです。

「足に使うにはもったない~!」と言う方も多いのですが、冷え性は万病のもとといわれています。肩こりや首こりも冷えによって強くなるので、冬になってからいろいろな身体の不調に悩まされている方はぜひ1度試してみてください。

身体の血液循環が良くなると、徐々に代謝機能が正常に働くようになってきます。足湯によって、短期間で劇的な効果があるわけではありません。血液やリンパの流れが良くなることによる“痩せやすい体質作り”は大いに期待できます。

当サロンに通えない日のご自宅でのセルフケアとしてご活用ください!血液の流れを良くして、快適な冬支度を整えていきましょう♪

 

関連記事

Page Top

体験プラン