インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

痩せやすい身体作りのキーワード“褐色脂肪細胞”ってナンだ!?

  • その他
痩せやすい身体作りのキーワード“褐色脂肪細胞”ってナンだ!?

痩せやすい身体作りをするには体質改善がカギです。では、痩せやすい身体作りには何が必要なのでしょうか。一般的には、筋肉を付けることだと言われていますが……。

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

今回は、プロのエステティシャンの方に、“今、話題になっている”痩せやすい身体作りのポイントを伺いました。

Q.痩せやすい身体作りには、筋肉量が必要ですよね?
A.筋肉量は確かに大切です。特に、太ももや背筋、大胸筋のように、大きな部位が強くなると、代謝がアップして痩せやすい体質になると言われています。でも、大きな部位を鍛えるだけではなく、体質を変えることも大切です。

Q.体質改善と言ってもいろいろありますよね?
A.そうですね。痩せやすい体質になるためには、褐色脂肪細胞を刺激することが大切です。

Q.褐色脂肪細胞って何ですか?
A.まず、脂肪と言っても、身体の中には脂肪をため込む細胞と、それを燃やそうとする細胞があります。褐色脂肪細胞とは、脂肪を燃やそうとする細胞で生まれたときには100gくらいあるのですが、年々減っていき、成人した頃には40g未満しかなくなってしまうと言われています。でも、褐色脂肪細胞はしっかりと刺激すると、きちんと働いてくれるんです。

Q.どうやると、褐色脂肪細胞が働くんですか?
A.褐色脂肪細胞は、水泳が究極の活性法と言われています。体温より低い水の中で泳ぐと、身体が体温を維持するために熱を発するからです。だから、脂肪燃焼効果が期待できますよ。

Q.でも、出かけるのも大変だし、これから寒くなるので水泳はちょっと……。
A.そうですよね。もし、自宅で褐色脂肪細胞を活性化させるなら、肩甲骨をストレッチしましょう。左右の肩甲骨がくっつくくらいに動かすだけでもよさそうです。

なるほど、参考になりました!毎日の生活で肩甲骨を動かすだけでも効果がありそうですね。褐色脂肪細胞を意識して、これからも生活してみたいと思います!
 

関連記事

Page Top

体験プラン