インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

背中の肉を鍛えたい!体幹トレーニング3つのポイント

  • 背中
背中の肉を鍛えたい!体幹トレーニング3つのポイント

ある日、鏡で体をチェックしていたら、なんだか背中にお肉がついている、と気がついたことはありませんか?食生活を変えたわけでもなく、身体を動かさなくなったわけでもないのに、背中に掴める程のお肉ができたのはなんでだろうと疑問に思いませんか?

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

実は、背中にお肉がついてしまう原因はあるのです。一番の原因は年齢を重ねることで、筋力が低下してしまうこと。筋肉が落ちると、お肉がついてしまいます。もうひとつ、普段から姿勢が悪くて猫背になってしまっていることです。背中が丸くなってしまい、たるみがでてしまうのですね。

背中に肉がついたと気がついたなら、背中を鍛えなければなりませんね。今回は背中のお肉に効く体幹トレーニングのポイントを聞いてきました。

広報担当

まずは、体幹トレーニングってどういうものか教えてください。

エステティシャン

はい。「体幹」とはその字の通り「体の幹」です。「コア」というとわかりやすいでしょうか。「コア」は「核」という意味です。つまり、体幹とは人の胴体の部分を指します。

体幹トレーニングとは、胴体を鍛えるトレーニングのことなんです。胴体を鍛えるということは、深層筋というインナーマッスルと鍛えるということです。

インナーマッスルを鍛えると、基礎代謝がアップします。代謝がよいということは、食べたものから必要な分だけの栄養を消化吸収し、いらないものを体の外にきちんと排出するということです。これで、太りにくい身体を作ることができます。さらに、姿勢もよくなってきます。

広報担当

では、体幹トレーニングについてのポイントは何でしょう。

エステティシャン

体幹トレーニングのポイントは、3つあります。

ます1つ目のポイントは、正しいやり方でやるということです。アームスタンディングという基本的なトレーニング方法があります。腕立て伏せの最初の姿勢をキープするのです。運動に慣れていない人は、両手をついて、足をまっすぐ伸ばすというだけの姿勢ですがけっこうキツイと思います。

このアームスタンディングにはポイントがあり、肩は手頸の真上に、伸ばした足は閉じる、姿勢を1分キープすることです。ポイントを知ってきちんと行わないと、体幹トレーニングにはなりません。深層筋を鍛えてはいないということになってしまうのです。

体幹トレーニングはポイントがとても大切ですので、正しいやり方で行いましょう。

広報担当

正しいやり方は、確かに何でも大切ですね。次のポイントは何でしょうか。

エステティシャン

2つ目のポイントは、姿勢をチェックするということです。

体幹トレーニングを始める時には、自宅でなら動画でやり方をチェックしてみてください。自分でやってみて簡単にできているつもりでも、意外に姿勢が違っていた方が多いんです。自分の体勢、姿勢がどうなっているか、チェックする必要があるのです。チェックするには、鏡の前で体幹トレーニングをしてみるのがよいですね。

他にも椅子を使った体幹トレーニングがあります。

椅子に座って、両手で座面を持ち、膝をゆっくりと曲げ伸ばしします。足はずっと浮いたままにしながら、背中を丸めず伸ばしています。正しい姿勢をキープするためにも、鏡を見て体幹トレーニングのポイント、姿勢をチェックしましょう。

広報担当

なるほど、チェックするということは正しい姿勢や行うということにつながりますね。では、最後のポイントとは何でしょう。

エステティシャン

3つ目のポイントは、無理はしないことです。

今までほとんど運動をしてこなかった人が、いきなり完璧な姿勢でできるとは限りません。腰を痛めている状態や、体調がベストではない時に無理をしてもより痛みを悪化させてしまうでしょう。

筋を伸ばすときも、まずはできるところでとめておきましょう

体幹トレーニングを始める時に、自分一人でなくトレーナーについて行うというのも、ひとつの方法です。


体幹トレーニングの3つのポイントをおさえて、背中の肉を退治したいですね。効果を実感できるまで、無理をせず、じっくりと体幹トレーニングを続けましょう!

関連記事

Page Top

体験プラン