インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

胸を落とさずに部分痩せするダイエット方法は?

  • その他
胸を落とさずに部分痩せするダイエット方法は?

女性なら、大事なところの脂肪は残して、それ以外の部分をスッキリさせたいと思うはずです。そう、胸の脂肪は落としたくないですよね。でも、ダイエットをすると胸ばかりが落ちてしまい、がっかりしてしまう方もいると思います。

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

正しいダイエット方法をすれば、部分痩せができると言いますが…。今日は、当店の専属エステティシャンの方に、胸を落とさず痩せられる正しい部分痩せのコツを伺いました。

Q.ダイエットをすると胸がしぼむのはなぜでしょうか?
A.基本的に、脂肪は均等に燃えていきます。だから、とくに意識せずにダイエットすると、胸も一緒に落ちてしまうんです。

Q.自然の摂理ですね…では、胸の脂肪を燃やさない方法はありますか?
A.まったく燃やさないのは不可能です。でも、揺れが大きい部位ほど脂肪が燃えると言いますから、スポーツブラできちんとガードしてあげると効果的だと考えられます。

Q.スポーツブラですか!
 A.たとえば、ダイエットで運動するときにジョギングをする方も多いと思います。でも、走っていると大きく揺れるので、脂肪燃焼が促されてしまうんです。もし、プロポーションを維持しながら痩せたいなら、スポーツブラは欠かせませんよ。

Q.そうなんですね。スポーツブラの効果を甘く見ていました。他にも効果はありますか?
A.みなさん、そう仰るんです。スポーツブラを付けると、胸が揺れにくく、将来垂れるのを防ぐこともできますよ。

Q.胸の垂れですか…私は小さいから関係ないと思うんですが?(泣)
A.元井さん、十分に胸はあると思いますよ?でも、意外なことに、胸の大きさと垂れやすさは関係ありません。胸が小さい方でも、あまりに揺れすぎていると垂れてしまいます。だから、スポーツをするときは必ずスポーツブラをしておくとよいです。

Q.すごいですね。では、胸を守った状態での運動は何が効果的ですか?
A.体力に自信がある方ならジョギングでもいいと思います。もし、あまり運動が好きではないのであれば、ウォーキングからでもよいでしょう。胸が揺れにくい状態なので、相対的にウエストやほっぺたなど、ダイエットに気になる部位が部分痩せしやすい状態になります。30分くらい運動できる強度で、ゆっくり、長時間続けることがダイエットのコツです。

Q.わかりました。やっぱり有酸素運動がいいんですね。
A.有酸素運動は有効です。ただし、胸のことも考えてダイエットするなら、大胸筋を中心にトレーニングしたり、部分痩せのためにキャビテーションをしたりするのもいいかもしれません。

Q.筋トレはわかりますが、キャビテーションのメリットはなんでしょうか?
A.おそらく、部分痩せをしたい方は、「春までに二の腕をスッキリさせたい」とか、「今年の夏は水着が着たい」とか、ちょっとした目標があると思います。でも、有酸素運動でほっそりさせようとするのは、なかなか時間がかかるものです。そこで、短期的に集中ケアをする方法で即効性の高いキャビテーションをすると、モチベーションが続くと思いますよ。

Q.キャビテーションでモチベーションですか…ちなみに、どんな効果があるんですか?
A.キャビテーションは脂肪細胞を壊す効果が期待できます。頑固なセルライトもドロドロにできるので、急いで部分痩せしたい方にもおすすめですよ。

なるほど。胸の脂肪を落とさずにダイエットするなら、スポーツブラ。そして、急ぎで部分痩せするためにキャビテーションを使えば、キレイなプロポーションが維持できるということですね。プレステージにもキャビテーションがあるので、私も受けてみたいと思います。
 

関連記事

Page Top

体験プラン