インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

脇肉に効果的な応急処置とは?

  • 背中
脇肉に効果的な応急処置とは?

いつも美容コラムをご覧いただきありがとうございます。プレステージ横須賀中央店 副店長の小澤です。今回は、意外と見落としがちな「脇肉」にスポットを当ててみたいと思います。

ブラからはみ出る脇肉は、体形的に老けて見える要素になってしまうので避けたいものですよね。とはいっても、ふだん動かしにくい脇肉は、どうすれば減らせられるのかと奮闘なさっている方も多いでしょう。

地道に運動をして脇肉を減らす努力をするのもいいのですが、今すぐ何とかしたい!今日だけ何とかしたい!ということもあるでしょう。ここでは、脇肉の応急処置についてお話したいと思います。

脇肉はブラのカップに引き寄せるといい

脇肉の応急処置としておすすめなのは、はみ出がちな脇肉をすべてブラのカップに引き寄せること。単純な方法に思えるかもしれませんが、これで気になる脇肉をスッキリとさせることができます。

この応急処置方法を使うにあたり、カギになるのはブラの選び方。ブラはサイドベルトが広めの、しっかりとしたものがおすすめです。若い女の子の間ではサイドベルトが細めのブラが人気ですが、太めのものでもかわいいデザインのものはあるので、脇肉の対処用にそろえておくとよいでしょう。

また、できるならフロントホックのものがおすすめです。フロントホックのブラジャーは、バストを脇から中央に寄せる効果が高いので、バストのお肉が脇に流れるのを防ぐ効果が期待できるからです。脱着もしやすく、ホックが後ろにあるブラのようにホックをとめてからぐるりと回す必要がないため、お肌への摩擦を減らす効果も期待できそうです。

脇肉の応急処置としてのブラのつけ方

脇肉の応急処置として効果的なブラのつけ方についてお話します。フロントホックの場合、上半身を前に倒してホックをとめ、ストラップを肩にかけます。それから前身頃中心からブラのカップに手を入れ、脇に流れがちな肉をカップ内に引っ張ります。この時、念入りに脇肉をカップ内に収めましょう。

ホックが後ろにあるブラの場合、ホックをとめてストラップを肩にかけてから上半身を前に倒し、ブラを少し浮かせてから離し、バストがカップに収まるようにします。それから上記の手順を踏み、脇肉をしっかりとカップ内に引き寄せましょう。

脇肉をブラのカップ内に収めても、動いていると位置がズレてはみ出してしまうことがあるので、トイレに行くたびに脇肉をカップ内に引き寄せるようにするなど、頻繁になおすといいでしょう。

応急処置でも毎日続ければ改善効果あり

ここまででご紹介した脇肉の応急処置ですが、毎日続けることによって根本的な改善を期待することができます。お肉は常に同じ位置で固定しておくことで徐々に移動させることができるのです。

特に、バストや脇などの柔らかいお肉は動きやすいといわれています。上記でご紹介した方法でブラを着用し、常に脇肉をブラのカップ内に収めることで脇肉をバスト側に移動させることができ、脇肉の解消と同時にバストアップも期待できるといううれしい効果が望めるのです。

脇肉が気になるならリンパマッサージをしよう

ふとした時に突然気になる脇肉。脇肉が増えてきたら、リンパが滞っているのかもしれません。リンパの流れが悪いと、贅肉や皮下脂肪が増え、セルライトもできやすくなるので要注意です。

脇肉を含め、皮下脂肪を何とかしたいなら血流とともにリンパの流れを促すといいでしょう。リンパマッサージはお風呂でゆっくりと温まったあとにするのが効果的ですが、湯船につかりながらマッサージでも十分に効果が表れます。

お風呂あがりには、肌を痛めないようボディークリームやオイルを使用してマッサージをしてください。

脇の下にはリンパ液が溜まりやすいリンパ節があるので、念入りにグリグリとマッサージし、滞ったリンパを流してあげましょう。脇肉を解消するためには日々の積み重ねが大切。脇肉のないスッキリボディを目指してがんばりましょう!

セルフケアでうまくいかない方は
こちらのプランを是非お試しください。

この記事をご覧の方におすすめの体験プラン

関連記事

Page Top

体験プラン