インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

脳をだまして、今度こそ続けよう!ふとももセルライト解消エクササイズ

  • 太もも
脳をだまして、今度こそ続けよう!ふとももセルライト解消エクササイズ

こんにちは。新人エステティシャンのマナミです。

実はわたし、学生のころから3日坊主で何事も長続きしないのが悩みでした。けれども、“脳をだます”ことを意識しだしたとき、苦手だった運動が続くようになったんです。今回はふとももの部分痩せを目指す人のための“脳をだます”エクササイズをご紹介します!

結果、何をやっても痩せなかったふとももが3か月で3㎝ほど細くなりました!エステティシャンとしては恥ずかしいのですが、みかんの皮のようなぷつぷつセルライトができていたほど凝り固まっていたふとももの脂肪が落ちた方法を皆様にお伝えしていきます。

【エクササイズが面倒くさい~!と思ったら?】
脳と筋肉は、私たちが思っているより“習慣”に反応しやすい性質を持っているそうです。嫌だな~と思っても、とりあえず1回だけやってみると脳の細胞と筋肉が反応してくるそうです。その1回を続けていくだけで、やる気を司るドーパミンというホルモンが分泌されてくるとのこと。

脳はあいまいなことには反応しにくく、具体的な数値によく反応する性質を持っているそうです。例えば、「ふとももの部分痩せをしたいから、運動しなきゃ」よりも、「ふとももの部分痩せをしたいから、寝る前に10回スクワットしてみよう」と置き換えて目標を立てるとよいそうです。

実はドーパミンは「やるぞ」とやる気を出しただけでも、分泌される性質があるとのこと。目標が視覚に入ると脳が反応しやすくなるので、紙に目標を書き出しておくのがおすすめです。軽い負荷のエクササイズを2~3週間続けてみると、脳の指令に反応する筋繊維の数がアップするんですって!わかりやすくいえば、脳から筋肉への命令がスムーズになるので、運動が続けやすくなるんです。

【ベッドでごろ寝しながら、できる運動がベスト!】
「エクササイズをしたいけど、眠い~!」と思ってしまうわたしのようなズボラさんにおすすめなのが、寝ながらできるエクササイズです。あんまり効果がないのでは?と思われがちですが、最近の研究では筋肉の1部分を持ち上げるだけで筋肉の持久力が上がり、太りにくい身体になるんだそうです。

ふとももの部分痩せに効果的なのは、仰向けになった片足をブルブル振動させる運動です。ふとももの大腿直筋だけではなく、体幹を鍛えるエクササイズでもあります。
(1) 枕を外した状態でベッドや布団の上で仰向けに寝転ぶ。手は楽に身体の横に添えて!
(2) 足を30~45度上げて、そのまま10㎝上下に小刻みに上下させていきましょう。目安は片足30回ずつですが、最初は無理のない回数からこなしていくことをおすすめします。
(3) 腰がベッドから離れないように注意するようにしてください。小刻みの振動が血行を良くしてくれるので、安眠効果もあるエクササイズです。ふとももの血行をよくすることはセルライトの解消にもつながるので、気になる人は毎晩行うようにしましょう。

次にご紹介するのは、ふともものハムストリングスとよばれる大きな筋肉を鍛えるエクササイズです。
(1) 先ほどと同様に枕を外してベッドや布団の上で仰向けに寝転ぶ。手は身体の横にそえ、ひざを約90度の角度で立ててください。
(2) 肩からひざのラインがまっすぐに1本の線になることをイメージしながら、お尻を浮かせて20秒キープ!これだけでOKです。
(3) このときに腰がそってしまうと、腰を痛めてしまいます。ゆっくりと呼吸しながら行うと、腰がそりにくくなります。

いかがでしたか?最後のエクササイズは20秒お尻を浮かせるだけなので、これだけで大丈夫?と心配になる人もいるかもしれません。小さな負荷のエクササイズだと続けやすいので、習慣づけやすいのが最大のメリットです。どれも簡単に覚えられるものばかりですので、ぜひともチャレンジしてみてください!
 

関連記事

Page Top

体験プラン