インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

腹式呼吸で体質改善!体温を上げる呼吸法のコツ

  • 冷え
腹式呼吸で体質改善!体温を上げる呼吸法のコツ

パルトネールマネージャーの永井です。

生まれつき低体温・低血圧の人だと、冷え性で悩まされると思います。夏でも夜になると手足が冷えてしまい、なかなか寝れないという方も少なくありません。そこで、体質改善によって体温を上げる方法をご紹介します。

低体温の基準は36℃以下

日本人の平均体温は36.89℃と言われています。しかし、冷え性や低体温で悩まされる女性を見ると、34度台や35度台というケースも少なくありません。体温が低いと血液も冷たいので冷え性になります。

低体温は冷え性のほか、さまざまな悩みをもたらします。体温が1℃下がると、人間の免疫力は30%下がってしまうと言います。また、女性の場合は妊娠しづらくなってしまうので、体温は高いほうがよいのです。

体温を上げるのに必要なのは筋肉

生まれつき低体温という人もいますが、後天的に体温が下がってしまった人も多いです。特に、女性の方の場合、学校を卒業してから、年々冷え性傾向になってしまったという方もいるはずです。こういう方は、筋力トレーニングが一番手っ取り早い方法です。

人間の筋肉は常に熱を放出しています。基礎代謝が増えるのでダイエットにもよいと言われますが、筋肉があることで低体温の悩みを解決できるのです。もし、筋力トレーニングに抵抗がない人は積極的に試してみましょう。

低体温をよくするには内臓を温めよう

筋力トレーニングが好きではないという人や運動が苦手な人は、どのように低体温を解消すべきでしょうか。実は、筋力トレーニング以外にも低体温を改善する方法があります。実は、みなさんが普段していることで工夫をすると内臓を温めることができ、低体温や冷え性、その他冷えに関する悩みが解消できるのです。

内臓を温めるためのポイントは呼吸です。ストレスがあるために交感神経が優位になりがちな現代人ですが、呼吸が浅く、速いと言われています。深くゆっくりとした呼吸ができるようになると、酸素が体中によく行き届き副交感神経が活発化します。

副交感神経が活発になると、身体は休息をとることができます。その結果、臓器の働きが活発化し、低体温が治るというメカニズムです。

日常生活でできる呼吸法

深くてゆっくりとした呼吸法が身に付くと、内臓が元気になって体温が上がることがわかりました。では、普段の呼吸をどのようにするとよいのでしょうか。実際にできる呼吸法のトレーニングについて見てみましょう。

内臓を温めて体温を上げる呼吸法は『腹式呼吸』です。腹式呼吸の基本は横隔膜を引き下げることです。お腹から息を吐き出し、すべてを出し切ったあとに鼻から息を吸うと、お腹が膨らむ感じがすると思います。この感覚が身に付くと腹式呼吸をマスターするまでは早いです。しかし、呼吸法を練習したことがない人はなかなか難しいかもしれません。

簡単に腹式呼吸の基礎を身に付ける方法は、Tシャツを着ているとき、Tシャツの袖から反対側の1mくらいの物差しやほうきなどを通し、背中をピンと張った状態にして息を吸う練習をすることです。すると、腹式呼吸の感覚がわからない人でもお腹が膨らむ感覚が身に付くと思います。腹式呼吸の感覚は、一度身に付けば忘れることなく、デスクワーク中でもできるようになります。慣れない人は難しいと思いますが、この感覚をマスターしましょう。

腹式呼吸で体温は上がる

現代人は低体温だと言われていますが、呼吸法を身に付けるだけで多くの問題が解決します。腹式呼吸で新鮮な空気を取り入れると、副交感神経が活発化し、内臓も元気になって体温が上がります。ちょっとしたトレーニングで身に付けられるので、冷えや代謝でお悩みの方は腹式呼吸をマスターしてみましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン