インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

腹筋ダイエットで痩せたい!その方法と効果を紹介します!

  • お腹
腹筋ダイエットで痩せたい!その方法と効果を紹介します!

こんにちは。新人エステティシャンのリサです!お腹についた肉をどうにかしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。男性でも女性でもお腹周りは特に脂肪のつきやすい部分ですよね。一説によると人間のお腹は大切な臓器がたくさん入っているにも関わらず骨がないため、それを守るために脂肪がつきやすくなっているんだとか…。

そんなお腹周りをスッキリさせるための運動といえばやっぱり仰向けに寝そべった状態で膝を立て、腕を頭の後ろに回し、ぐっと上半身全てを持ち上げる「腹筋運動」が有名です。今回は効率よく腹筋を鍛えることのできる方法について言及していきたいと思います。

腹筋を鍛えるためのベストな種目とは

腹筋に効率よく刺激を入れたいのなら「クランチ」が一番オススメできます。

クランチは普通の腹筋運動とよく似た姿勢で行うのですが、違う点はグーッと尾てい骨から上を全部起こすのではなく、だいたい背骨の真ん中あたりから上だけを背中を丸めるように、言い方を変えるとおヘソを覗き込むように少しだけ上げるのがポイントです。

腹筋(腹直筋)というのは一枚の薄い板のような筋肉で、これは体を丸めた時に収縮し力を発揮します。つまりお腹を丸めずにぐっと体全体を起こしてしまうと腹筋にはほとんど刺激が入っていないというわけなんですね。

ちなみに昔からある普通の腹筋運動では腹直筋よりも下にある腸腰筋という所が強化されます。腸腰筋が鍛えられると走る力は強くなりますが見た目的にはあまり変化は感じられませんのであしからず。

鍛えちゃいけない腹筋とは?

体の前面の筋肉である腹直筋を鍛えることが、スタイルアップのために有効な手段であることは前述した通りです。しかし、逆に鍛えちゃダメな腹筋があることもご存知でしょうか?

鍛えちゃダメな腹筋。それは体の真横についている腹筋(内腹斜筋・外腹斜筋)です。よくダンベルを片手にもって体を左右に傾ける運動(サイドベント)を行っている人をジムで見かけますが、残念ながら格闘技など体幹をがっちり鍛えなければならないスポーツをやっている人以外は、むしろスタイルを悪くしてしまう種目なのです。

ダイエットの中心に腹筋運動を置くことはNG!

多くの人が求めるスタイルというのはウエストが引き締まった体型ですよね。しかし脇腹の筋肉を鍛えても脂肪が減少するわけではありませんからむしろシルエットは太くなってしまいます。服を着ていれば斜腹筋がバキバキであっても「ただの太めな人」にしか見えませんからはっきり言って鍛えた分太ってみえてしまうのです。

ダイエットの中心に腹筋運動を置くことは本来はオススメできません。腹筋はあまり大きな筋肉ではありませんからキツイ思いをする割には消費カロリーが少ないためです。

また、腹筋は6つに割れているのが大事と思っている方が多いと思いますが、元は誰しも腹筋が割れていますから覆っている脂肪を落とすだけで締まったお腹になるのです。それでも腹筋を鍛える理由としては「腹筋を大きくしてセパレートをはっきりさせる」というものですね。

腹筋にオススメのストレッチ

先ほど説明したクランチでは負荷が足りないということであれば是非チャレンジして頂きたいのが「ドラゴンフラッグ」という種目です。これはトレーニング用のフラットベンチに仰向けに寝そべり、腕でベンチを掴んで肩甲骨から下を全て持ち上げます。そしてそのまま背中を反らすようにしながらベンチすれすれまで体を降ろします。

決して腰から下の脚部分だけを上げるレッグレイズではありませんから注意してください。背中のほとんどを浮かす種目ですので相当負荷は高くなります。このドラゴンフラッグを軽く何回も行える人は確実に腹筋はバッキバキに割れているはずです。

かなりハードな運動にはなりますが、腹筋を鍛える効果は抜群です。それぞれの体力に合わせた腹筋運動で、引き締まったウエストを手に入れましょう!

関連記事

Page Top

体験プラン