インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

足の冷え性は危険!衰えたらコレをやりなさい

  • 冷え
足の冷え性は危険!衰えたらコレをやりなさい

こんにちは。パルトネール溝の口店副店長の小笹です。
先日、お客様がこんなことを仰っていました。

「布団に入っても足先が冷えて仕方ない。」

今回は冷え症に悩む人のなかでも、布団で足先が冷えてしまうときの対策をご紹介します。

【足先が冷える人は危険信号!】
冷え性の人でも、布団に入ってしばらくすれば大丈夫という人もいるかもしれません。でも、症状が進んでしまうと布団に入ってもまったく温まらないことも珍しくないんです。

恐らく、足先が冷えてしまう原因は血行不良です。心臓の血液を送る力が弱っていたり、血管が硬くなったりしていると、冷え症になりやすいと考えられています。そのまま放置すると、肩こりや腰痛といった症状を招くことから、冷え症だと感じたら身体を温める習慣をつけるようにしましょう。

【冷え体質を改善する方法】
冷え性を改善するには体質を変えなければいけません。食生活などの工夫もありますが、冬だからこそ運動を始めるのもよいでしょう。

なによりも足先の冷え性を改善する方法は、下半身の筋力をつける必要があります。筋肉は身体のなかでも特に発熱する器官だからです。また、血液を送るのは心臓ですから筋肉を付けるだけでなく、心配機能を鍛えてあげるとよいと思います。

ちなみに、冬に運動すると脂肪が燃えやすいのでダイエットにもぴったり。冷え性を感じたら運動すると良いでしょう。

【ウォーキングと散歩は違う】
ウォーキングは、筋力アップと心配機能強化の両方の要素を満たす運動方法です。実は、ウォーキングは運動であり、散歩とは本質的に異なります。そのため、正しい運動フォームがあるんです。

1) 大股で歩く
2) 一定のテンポを守る
3) 背筋を伸ばしてあごを引く

この3つを守るだけで、散歩がウォーキングに大変身。筋力アップと心配機能強化を助けるエクササイズになります。

初めてウォーキングをする人は、もしかしたら走るよりもキツイと感じるかもしれません。運動不足の人がやると息が上がるケースもあるでしょう。でも、長期的には冷え性改善にも役立つので、ぜひともチャレンジしてみましょう。

関連記事

Page Top

体験プラン