インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

“部分痩せは難しい”という常識を覆す!?猫ポーズで女性ホルモンごと活性化?

  • その他
“部分痩せは難しい”という常識を覆す!?猫ポーズで女性ホルモンごと活性化?

「部分痩せは難しい」という声をよく耳にしますが、本当なのでしょうか?

こんにちは、プレステージ広報担当の元井です。

食欲の秋を経て、冬太りが気になる私。当店のベテランエステティシャンにインタビューしてみました!

Q:エステ業界でも賛否両論ですが、部分痩せは難しい…んですよね?
A:“部分痩せ=難しい”とは言い切れません。

私は身体にも“取り扱い説明書”があると考えています。家電も間違った使い方をしていると、全然動かなかったりしますよね。身体の仕組みと構造の基本をおさえて大事にメンテナンスしてあげれば、女性らしいボディは作れるんです。

Q:そうなってくると、身体の“取り扱い説明書”が知りたくなってきますね!
A:まず、筋肉というのは使わないと、どんどん硬くなります。硬くなった筋肉に血液がサラサラと流れるわけもなく、血流が悪くなります。当店でも行っているオールハンドマッサージは筋肉をほぐして、血流を良くしてくれるので、しっかりと身体に酸素が行き渡りやすくなる効果が期待できます。

Q:酸素が行き渡るんですか…。スポーツやっている人には大事だと思いますけど…。
A:あ、ひょっとして「自分には関係ないかな?」と思いましたか?実は、ダイエットと酸素は大いに関係があります。そもそも体脂肪を燃焼させるには、酸素の供給が不可欠なんです。

体脂肪を燃焼させるために、有酸素運動が必要だといわれているのも酸素を取り入れるためなんですね。よくいわれ“代謝が高い身体”というのは、体脂肪を燃やすための酸素がきちんと行き渡っていることが必要なんです。

Q:でも、有酸素運動ってマラソンやランニングですよね?苦しくて続けにくそうです…。
A:ある実験では、軽いストレッチでも代謝が上がることが証明されています。運動習慣がない主婦にストレッチをする前と後の変化を比べてもらったところ、わずか1週間で体温と代謝がUPしたというデータもあるんです。

ストレッチは筋肉を伸ばし、酸素を供給する効果があります。猫が大きく伸びをしているのも、筋肉を柔らかくするためです。猫は、動物の中でも屈指の身体の柔らかさを誇っています。自然と身体を伸ばすことが筋肉の硬さを取るということを、本能でわかっているんでしょうね。

Q:確かに!猫が高いところから落ちても大丈夫なのは、筋肉が柔らかいからだって言いますよね。
A:実際、猫の伸びのポーズは、難しいといわれるお腹の部分痩せに効果があるといって話題になりました。女性芸能人がブログで発表したこともあるそうですが、元々は中国の宮廷気功の先生が提案されたようです。

気功がベースになっていますが、筋肉の伸縮させるストレッチ効果も高いエクササイズです。やり方を簡単にご紹介しますね。

1. 四つん這いになって、手と足の指をしっかりとつけましょう。足はにぎりこぶし2つほど開けておきます。息を吸いながらお腹をへこませたまま、9秒キープ。
2. 目線は必ず下にしてください。猫のようにお尻を突き上げ、肩や腕をグッーと伸ばしながら息を吐いていきます。そのまま9秒キープしましょう。

※猫のように「ニャー」と言った方がいいと書かれていますが、かなり恥ずかしいですし、ご家族と同居されている方は周りの目が気になるでしょう。その場合、「スッーー」や「シュッー」という呼吸音と一緒に息をしっかりと吐き出してもいいと思います。

このエクササイズなら、ベッドやヨガマットの上で簡単に実践できそうです!ずぼらな私でも続きそうなので、寝る前に実践していきます。中国気功では女性ホルモンを活性化する効果があるといわれているので、しっかりと筋肉を伸縮させて、美しいボディを目指していきましょう!
 

関連記事

Page Top

体験プラン