インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

頑固なセルライトになる前にケアを。家でできるセルライトケアの方法

  • セルフケア
頑固なセルライトになる前にケアを。家でできるセルライトケアの方法

腕やお尻にできやすいセルライト。一度できてしまうとダイエットをしても、運動をしても簡単には解消することができません。特に30歳以上になると脂肪がつきやすく、運動をしても痩せにくくなってしまいます。

セルライトができないように、日頃からのケアが重要です。ここでは、家でできるセルライトケアの方法やポイントを紹介します。

セルライトができる原因

気がついたら、お尻や太ももに凸凹したセルライトができていた、という経験はありませんか。セルライトができてしまったのは、普段の生活習慣が原因かもしれません。どうしてセルライトができてしまうのか、その原因を部位別に見ていきましょう。

太ももやふくらはぎなどにセルライトができる原因の一つは、運動不足です。通勤で歩く機会が少なかったり運動もしなかったりすると、足の筋肉は衰えていきます。筋肉が衰えると脂肪がうまく燃焼できず、たまりやすくなってしまうのです。

また、特に心臓から離れた位置にある足は、血液循環が悪くなりやすい場所です。血行やリンパの流れが悪くなると老廃物が蓄積されてしまうので、セルライトができやすい部位といえるでしょう。

二の腕

二の腕に脂肪がついてしまうのは加齢だけでなく、上腕二頭筋や上腕三頭筋といった二の腕の筋肉の衰えも考えられます。また、猫背など姿勢が悪いことも原因として挙げられます。猫背になると背中の筋肉が衰えやすく、二の腕の血行が悪くなってしまうのです。

お腹

お腹のセルライトも、体の冷えや脂肪の増加が原因になります。特に冷たいものばかり摂取していると、内臓が冷えて血行が悪くなります。バランスの悪い食生活は、消費量よりも多くエネルギーを摂取し、脂肪が増える可能性があるので注意が必要です。

さらに、ガードルといった締め付けの強い下着を日常的に身に着けていると、お腹周りの血行を悪くするのでセルライトができやすくなります。

お尻

お尻は筋肉が少なく、脂肪が多い部位です。そのため、脂肪が蓄積され、脂肪細胞が膨らむことで血管やリンパ管を圧迫し、血行不良を起こしてしまいます。

また、座ったまま作業をする時間が長いと、その分お尻が圧迫されていることになるので、血行が悪くなってしまいます。下半身同様、お尻も冷えやすい部分になるので、適度に立ち上がりストレッチをすると良いでしょう。

自宅でできるリンパマッサージのポイント

セルライトは放置する時間が長いほど、セルフケアでは除去しにくくなります。セルライトができる前に、生活習慣を改善するとともに、家でのマッサージや適度な運動によって血行を良くすることが大切です。

セルライトケアにはリンパマッサージがおすすめです。マッサージをすることで、セルライトの原因となる老廃物や余分な水分の排出を促します。リンパマッサージのポイントをチェックしましょう。

足の裏を刺激する

足の裏にはたくさんのツボがあり、刺激することで血行が良くなります。特に、むくみに効果的と言われている「湧泉(ゆうせん)」のツボをしっかり刺激しましょう。ツボの位置は足の裏の真ん中より少し上、足の指を曲げたときに凹む部分です。両手の親指の先をツボに当てて、ほどよく刺激してください。

足首から足の付け根に向かってさする

足首からふくらはぎ、そして足の付け根に向かってマッサージをします。優しくさするようにして、リンパを流しましょう。足の付け根のリンパ節をほぐすことで、血液の流れが良くなるのはもちろん、老廃物や余分な水分をスムーズに排出できるようになります。

腕のリンパマッサージをする

足同様に下から上へマッサージを行います。手首から肘、肘から脇の下に向かってさすり、リンパを流します。脇の下のリンパ節をほぐすことを意識してください。

ポイントは力を入れ過ぎないこと

マッサージをする際には、力を入れて揉み込んだり、グリグリと押したりする必要はありません。優しくなでるようにさすることが大切です。強い力でマッサージをしてしまうと、逆効果になってしまうことも。

マッサージをする際にはクリームやオイルを塗る

マッサージをする際には、肌への摩擦を防ぐために、マッサージクリームやオイルを使って行いましょう。肌トラブルの予防をするとともに、自分の好きな香りでリラックス効果も期待できますよ。

セルライトを増やさないために注意したいこと

セルライトはそのまま放置しておくと、脂肪が蓄積されやすく、セルフケアだけでは除去が難しくなってしまうかもしれません。セルライトを増やさないよう、日常生活において注意したいことがいくつかあります。

体を冷やさないこと

体が冷えてしまうと、血行不良になりやすいです。特に夏場は冷房や冷たい飲み物が原因となり、体を冷やしてしまう可能性が高くなります。体の中を冷やさないように、ブランケットを使ったり飲み物を温かいものにしたり、工夫するようにしましょう。

毎日お湯船に入ること

お風呂をシャワーだけですますのは避けましょう。湯船に浸かることで、体が温まり血行が良くなります。また、半身浴をすれば、ダイエット効果も期待できるでしょう。

適度な運動をすること

運動不足は血行不良や筋肉量の低下などさまざまな症状の原因になります。ウォーキングやランニングなど比較的簡単にできる運動を選ぶと良いでしょう。家でできる腕立てや腹筋、スクワットなど筋トレもおすすめです。

効率的にセルライト予防をするコツ

セルライトを効率的に解消するには、美容グッズを使ったりエステに通ったりするのがおすすめです。美容グッズは、EMSや超音波などで刺激を与える器具を選ぶと良いでしょう。ローラーをコロコロと肌の上を転がすだけでも、血行を良くすることができます。

すでに固まってしまった状態のセルライトは、エステなど専門機関で除去する必要があります。エステサロンや美容外科などでは、専用の機器を使ってセルライトを分解することが可能です。体を温める施術をしてくれるお店もあるので、セルライトができにくい体づくりもできますよ。


セルライトができる原因は体の部位によって多少異なりますが、血行不良や運動不足などが主な原因と言えます。血液循環やリンパの流れが悪いと、ダイエットをしても痩せにくくなってしまいます。入浴や運動、家でのリンパマッサージを習慣化して、セルライト予防のケアをするようにしましょう。

  • この記事を書いた人

  • 最新の記事

プレステージ 広報部

プレステージ 広報部

創業30年の実績を持つ老舗エステサロンの熟練エステティシャンが、ご自宅でのケアや食生活なども含めた美のノウハウをご提供いたします。

関連記事

Page Top

体験プラン